「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【群雄割拠】奈良県のバスケ強豪校5選

2016 7/31 09:20
奈良 高校 バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良県の男子高校バスケは、常にどこが全国大会に出てきてもおかしくない状況である。長く覇権を握り続けているチームがなく、それぞれの力が拮抗しているのだ。今回は直近10年の成績を基に群雄割拠のバスケ強豪校を5つ紹介する。

2015年の奈良県バスケ2冠「奈良育英」

直近の2015年において、インターハイとウインターカップ県予選を制したのは奈良育英(奈良市)だ。私立中高一貫校であり関西大との高大接続パイロット校のひとつでもある奈良育英は、関西方面への進学実績も優秀であることに加え、サッカーの名門校としても有名である。2015年のチームの平均身長は172センチと比較的小柄ながらも、7年ぶり8回目の出場となったウインターカップでは、リズムの良い攻撃で初戦は日本航空に快勝。2回線で名門・北陸学院に敗れはしたものの、粘りのゲームで会場を沸かせた。

2014年ウインターカップ奈良県代表「生駒」

奈良育英がウインターカップで活躍した前年、2014年の奈良代表として出場したのは、初出場の県立生駒(生駒市)だ。同年のインターハイ県予選では決勝リーグまで駒を進めたものの、いずれの試合も僅差で敗れて4位。そのうっぷんを晴らすかのごとく、奈良育英、関西中央といった実力校を破り悲願の初出場をつかんだ。本戦では1回戦で佐賀東に敗れたものの、山中将輝選手の個人技を中心に得点を重ねて全国にも通用する力を見せた。

おすすめの記事