「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【あんばよー】岐阜県のバスケ強豪校5選

2016 7/31 09:20
高校バスケ 岐阜 画像
このエントリーをはてなブックマークに追加

岐阜県の高校バスケと言えば、女子は間違いなく岐阜女子高等学校だろう。ウインターカップであの桜花学園(愛知)を下し、初の全国制覇を達成した。男子は、歴史ある名門校の岐阜農林高校と、新進気鋭の美濃加茂高校の2強を中心に、新進気鋭の高校が名を挙げている。

逆転V!高校バスケ全国制覇 【岐阜女子高等学校】

岐阜女子高等学校は、岐阜県羽鳥郡にある1940年設立の私立の女子高等学校だ。普通科と食物科があり、バスケットボールの名門校として有名である。2012年の国体と2015年のウインターカップでは悲願の優勝に輝いた。決勝で戦った桜花学園は、日本代表経験のある選手が揃う、全国大会優勝9冠を目指すチーム。それまで決勝で3回当たり、リードをしても結局全敗だった。その悔しさを忘れずに強い気持ちで戦った2015年のウインターカップでは、途中12点のリードを許したものの、選手全員がそれぞれの役割を果たし、悲願の初優勝を勝ち取った。更に高校から実業団までの32チームが参加する全日本総合選手権にも出場し、大学選手権4位の強豪を破る大金星をあげ、ベスト16に入った。今後の試合がますます楽しみな高校である。

歴史と伝統ある高校バスケの名門校 【県立岐阜農林高等学校】

県立岐阜農林高等学校は本巣郡にある1900年に農学校として創立された、公立の高等学校だ。広大な敷地に森林科学科、園芸科学科、動物科学科などが設置されている。部活動も活発でバスケットボール部、相撲部は全国大会に出場、演劇部は文部科学大臣賞を受賞し、日本一になった。バスケットボール部は男子が、2015インターハイバスケ岐阜県総体で2年連続37回目の優勝を勝ち取った。2015年のウインターカップでは、県予選大会決勝で美濃加茂に残念ながら競り負けたが、校訓である不撓不屈の精神で、毎日練習を重ねている。

全国大会で上位をねらう! 【美濃加茂中学高等学校バスケ部】

美濃加茂中学高等学校は、美濃加茂市にあり、1973年設立の私立の中学校・高等学校だ。中高一貫校教育を行っていて自主性、創造性、社会性を重んじている。広い敷地と施設、恵まれた設備環境の中でのびのびと勉学や部活動を行っている。バスケットボール部はインターハイ5回、ウインターカップ6回の出場を果たしており、2015年ウインターカップで一回戦の県立和歌山工業を見事破った。大会準優勝の土浦日本大学に二回戦で当たり敗退したが、県予選では圧倒的な強さを誇る。

進学校のプライドと開拓者の気魄を胸に 【県立長良高等学校バスケ部】

県立長良高等学校は、1949年に前身の市立岐阜商業高等学校に普通科を併設し創立された。校舎は長良公園の西隣にある。進学校でありながらも部活動に力を入れており、特に陸上部と水泳部が全国レベルで成績を残している。バスケットボール部も県大会で上位の活躍を見せ、国際交流としてハンガリーを訪れて交流をはかっている。チームの愛称はBRAVE PIONEERS(勇敢なる先駆者)。全国大会・東海大会出場を目標に、30名の部員で毎日練習に励んでいる。

銘菓栗きんとんのように味のある 【県立恵那高等学校バスケ部】

県立恵那高等学校は、大正14年に四ヶ町村組合立恵那実科女学校として創立され、昭和23年に男女共学となった。普通科、理数科があり、理数科はスーパーサイエンスハイスクールに指定されている。部活動も活発で、ボート部はジュニア世界選手権、インターハイ、陸上部は、全国大会、全日本ジュニア選手権に出場している。バスケットボール部は、男子が平成26年度の大会では県予選ベスト16、東濃地区4位。平成28年度高校総体バスケットボール競技岐阜県予選の二回戦で、あの美濃加茂高校から70点も得点した。圧倒的な強さで、40点50点以上の差をつけて勝ち進んだ美濃加茂高校に対して快挙といえる活躍を見せた。今後の伸びしろに、更なる期待がかかっている。

まとめ

岐阜県の高校バスケと言えば、女子は間違いなく岐阜女子高等学校だろう。ウインターカップであの桜花学園(愛知)を下し、初の全国制覇を達成した。男子は、歴史ある名門校の岐阜農林高校と、新進気鋭の美濃加茂高校の2強を中心に、新進気鋭の高校が名を挙げている。新しい学校の活躍も注目の1つである。

関連記事

おすすめの記事