「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【あんばよー】岐阜県のバスケ強豪校5選

2016 7/31 09:20
高校バスケ 岐阜 画像
このエントリーをはてなブックマークに追加

岐阜県の高校バスケと言えば、女子は間違いなく岐阜女子高等学校だろう。ウインターカップであの桜花学園(愛知)を下し、初の全国制覇を達成した。男子は、歴史ある名門校の岐阜農林高校と、新進気鋭の美濃加茂高校の2強を中心に、新進気鋭の高校が名を挙げている。

逆転V!高校バスケ全国制覇 【岐阜女子高等学校】

岐阜女子高等学校は、岐阜県羽鳥郡にある1940年設立の私立の女子高等学校だ。普通科と食物科があり、バスケットボールの名門校として有名である。2012年の国体と2015年のウインターカップでは悲願の優勝に輝いた。決勝で戦った桜花学園は、日本代表経験のある選手が揃う、全国大会優勝9冠を目指すチーム。それまで決勝で3回当たり、リードをしても結局全敗だった。その悔しさを忘れずに強い気持ちで戦った2015年のウインターカップでは、途中12点のリードを許したものの、選手全員がそれぞれの役割を果たし、悲願の初優勝を勝ち取った。更に高校から実業団までの32チームが参加する全日本総合選手権にも出場し、大学選手権4位の強豪を破る大金星をあげ、ベスト16に入った。今後の試合がますます楽しみな高校である。

歴史と伝統ある高校バスケの名門校 【県立岐阜農林高等学校】

県立岐阜農林高等学校は本巣郡にある1900年に農学校として創立された、公立の高等学校だ。広大な敷地に森林科学科、園芸科学科、動物科学科などが設置されている。部活動も活発でバスケットボール部、相撲部は全国大会に出場、演劇部は文部科学大臣賞を受賞し、日本一になった。バスケットボール部は男子が、2015インターハイバスケ岐阜県総体で2年連続37回目の優勝を勝ち取った。2015年のウインターカップでは、県予選大会決勝で美濃加茂に残念ながら競り負けたが、校訓である不撓不屈の精神で、毎日練習を重ねている。

おすすめの記事