【四日市工を崩すのはどのチーム?】三重県のバスケ強豪校5選 | SPAIA

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【四日市工を崩すのはどのチーム?】三重県のバスケ強豪校5選


三重県 バスケ 高校 男子

三重県内の男子高校バスケは、長らく四日市工が覇権を握り続けている。今後、県内で絶対的な強さを誇る四日市工を破り、全国の舞台へと上がれるチームは出てくるのだろうか。頂点を狙うバスケ強豪校を5校紹介していく。

三重県高校バスケの絶対的王者「四日市工」

四日市工業(四日市市)といえば、2003~14年まで三重県インターハイ総合優勝を10年連続で果たしてきたスポーツの名門である。陸上やサッカー、テニスなどの名門として知られているが、バスケット部も全国に名が知れた強豪なのだ。2015年から過去10年間で9度のインターハイ、8度のウインターカップ県予選の突破が、その実力を物語っている。OBには、四日市工時代にウインターカップで能代工を相手に1人で51得点を挙げた名ポイントガード、桜井良太選手がいる。

三重県男子高校バスケの2番手「海星」

圧倒的な戦績を残す四日市工の影に隠れがちだが、近年、三重県男子高校バスケの2番手は海星(四日市市)が有力だ。カトリック系の学校法人が設置している三重県内唯一の男子校として知られ、野球部は甲子園の常連として有名である。バスケ部も県内では強豪として知られ、直近の2016年インターハイ県予選は3位、15年ウインターカップ県予選準優勝、インターハイも準優勝と全国大会を賭けた主要タイトルでは上位に食い込んでいる。

伊藤将伸選手を輩出したバスケ強豪校「皇學館」

中高一貫教育の神道系学校、皇學館(伊勢市)は、近年力をつけているバスケの県内強豪校だ。同校のOBには伊藤将伸選手(レラカムイ北海道ー群馬クレインサンダーズ)がおり、活躍している。2016年のインターハイ予選は4位、15年は新人大会で準優勝、ウインターカップ県予選ベスト8、インターハイ5位と常に県内上位を争うチームとして定着している。また、2009年にはインターハイに初出場を果たすなど、栄冠を手にした数少ないチームの一つだ。

2016インターハイ県予選準優勝の強豪校「津工業」

四日市工業、海星、皇學館とともに、三重県男子高校バスケ界のビッグ4の一角に位置付けられているのは津工業(津市)だ。津工業の部活動はプロ選手も多数輩出しているサッカー部が有名だが、バスケットボール部も過去には全国大会の出場も経験している公立の古豪なのだ。直近では2016年インターハイ県予選は準優勝、15年ウインターカップ県予選ベスト4と海星や皇學館に劣らない好成績を残しているため、今後の活躍に期待がかかる。

ウインターカップ県予選を2連覇した強豪校「四日市西」

最後に紹介するのは四日市西(四日市市)。2000年代前半、2010年前後にかけて黄金期を築いたチームで、09~10年にはウインターカップに2年連続出場を果たしている(全国大会出場はウインターカップ計4回、インターハイ1回)。2016年のインターハイは津工業に敗れてベスト16、2015年度も新人戦、ウインターカップ、インターハイと主要タイトルはいずれもベスト16以上は進めなかったが、過去の実績を超えるべく奮闘を続けている。

まとめ

三重県の男子高校バスケは四日市工業への挑戦権を争い、群雄割拠の状態が続いている。過去にはジャイアントキリングを果たしたチームもあり、古豪や新興勢力の活躍に一層の注目が集まる。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません
SPAIA スポーツコラム ライター募集中!