「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケットボールにおける聖地とは!?

2017 4/25 12:52
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by melis/Shutterstock.com

スポーツでは数々の名勝負が行われてきたスタジアムを「聖地」と称することがありますが、バスケットボールにおいて聖地に該当するバスケットコートは存在するのでしょうか。 本稿では、バスケットボールの聖地についての説明をしていきます。

バスケの聖地は国立代々木競技場!

日本でバスケットボールの聖地として有名なのは、東京都渋谷区にある国立代々木競技場、その内部にある第二体育館です。
第二体育館はバスケットコート以外にプロレスなどにも使用され、さまざまなイベントで使用される第一体育館とともに、スポーツを愛する人々の中ではなじみの深い施設として広く知られています。

聖地としての存在感はインカレで培われた

国立代々木競技場が聖地と称されるようになった一番の理由は、何といっても全国大学選手権(インカレ)にあります。
インカレは全国のバスケットボールの強豪大学が集って最高の大学を決める大会ですが、その試合はほとんどが国立代々木競技場の第二体育館で行われています。
高校野球における甲子園、大学野球における神宮球場といってもよい存在であるため、多くの大学生にとってここでプレーすることは大きな目標になっているのです。

おすすめの記事