「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケの奇跡!キャブス逆転初優勝を振り返る

2017 4/25 12:52
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by melis/Shutterstock.com

バスケットボールには、ブザービートという終了間際に奇跡の得点というものがありますが、試合やプレーを含めた全体エピソードとしての奇跡も存在します。 本稿では、2016年のNBAファイナルにおけるクリーブランド・キャバリアーズの引き起こした奇跡を振り返ります。

最強の相手に追い詰められていたキャブス

2016年のNBAファイナルは、クリーブランド・キャバリアーズ(キャブス)がゴールデンステート・ウォーリアーズを4勝3敗で下し、チーム史上初の優勝を飾りました。
スコアだけ見れば接戦の優勝といった感じでしたが、レギュラーシーズン73勝という歴代最高勝利数を引っ提げてファイナルまで来た、前年王者のウォーリアーズ相手に1勝3敗と追いつめられていたにもかかわらず、NBA初となる「1勝3敗からの3連勝で優勝」を果たし、奇跡といわれています。

奮起したエースのレブロン・ジェームズ

1勝3敗と崖っぷちに立たされたキャブスでしたが、悪い流れを変えたのがエースであるレブロン・ジェームズ選手でした。
レブロン選手は、NBAのスーパースターであると同時にオハイオ州出身の地元選手であるため絶大な支持を受けていました。崖っぷちの5・6戦目において1人で40得点を叩き出す超人的なパフォーマンスを見せ、ウォーリアーズを押し返したのです。
レブロン選手の活躍により息を吹き返したキャブスは、7戦目の大一番に臨むことになりました。

おすすめの記事