「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケのライバル関係だった選手、コービーとマグレディ

2017 4/25 21:52
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by razihusin/Shutterstock.com

バスケットボールではチーム同士のライバル関係がクローズアップされることが多いが、選手同士のライバル関係も注視され、多くの人を熱くする。 本稿では、ライバル関係だったコービー・ブライアント選手とトレイシー・マグレディ選手に焦点を当てて解説を行っていく。

2000年代を熱くさせたコービーとマグレディ

今回紹介するコービー・ブライアント選手とトレイシー・マグレディ選手は、多くの人にNBAのスターとして認知されている。 二人とも高校を卒業しNBAの世界に入るや否や、瞬く間に活躍する。年齢が近かったこともあり、2000年代はライバルと目されることが多かった。
最終的な実績はコービー選手に分があるが、マグレディ選手の成績も素晴らしく、当時のNBAファンを熱くさせた2人であった。

5度のチャンピオンになったコービー

コービー・ブライアント選手は、言わずと知れたロサンゼルス・レイカーズ一筋のスーパースターだ。 若くして点取り屋として頭角を現すと、チームの中心だったシャキール・オニール選手とともにレイカーズをスリーピート(NBAファイナル3連覇)に導き、最高の選手としての地位を得る。
シャキール・オニール選手が移籍した後も2度の優勝に導くなど、個人、チームともに文句ない成績を残して、マイケル・ジョーダン氏に比較されるほどの存在になったのだ。

おすすめの記事