「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【東海大諏訪を倒すのはどこ?】長野県のバスケ強豪校5選を紹介

2016 7/31 09:20
東海大三 バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

長野県内の高校バスケの強豪校と言えばどこを思い浮かべるだろうか。バスケファンなら真っ先に思い浮かぶのは東海大諏訪(旧校名・東海大三、茅野市)だろう。近年、圧倒的な戦績を誇る強豪だが、過去には東海大諏訪を破った古豪や新興勢力がいる。そんな長野県内のバスケ強豪校5選を紹介する。

長野県で圧倒的な戦績を誇る「東海大諏訪」

東海大諏訪は、長野県内におけるバスケの伝統校として有名だ。2015年度までの戦績は、インターハイ出場23回(8連覇中)で最高成績が2010年の3位、ウインターカップも出場15回(最高成績・ベスト8)と全国大会で実績を残している。コーチは当時の東海大三を全国レベルに育てあげた名将有賀正秋氏と、同高のOBで東海大時代にはキャプテンとして関東大学リーグ1部昇格の立役者となった入野貴幸氏の二頭体制だ。伝統の堅いディフェンスと速攻で悲願の日本一を狙う。

東海大諏訪をおびやかす強豪校「佐久長聖」

近年の長野県男子高校バスケ界は長らく東海大諏訪の一強体制が続いているが、この座をおびやかす一番手は佐久長聖(佐久市)だ。2013年のウィンターカップでは、インターハイと合わせても同校初となる県予選の優勝を果たした。コーチは東海大で活躍した養田達也氏が務め、東海大諏訪のコーチである入野貴幸氏は先輩にあたる。上田伸郎コーチが伸ばしてきたチームスタイルのパス&ランバスケットに加えて、養田氏がディフェンス面の強化に努め、全国の舞台での初勝利を目指す。

おすすめの記事