「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

車椅子バスケのスポンサーはどうなっているの?車椅子バスケの資金事情

2017 4/25 21:52出井章博
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by riopatuca/Shutterstock.com

障がい者スポーツでも歴史のある車椅子バスケ。パラリンピックでの男子日本代表の奮闘ぶりや漫画「スラムダンク」で有名な井上雄彦先生の「リアル」などで関心は高まっている。その車椅子バスケの資金事情はどうなっているのだろうか?車椅子バスケのスポンサーについて調べてみた。

オフィシャルパートナーはサントリー

サントリーは日本車椅子バスケットボール連盟のオフィシャルパートナーだ。東日本大震災の被災から復興を進めていることもあり、東北地方の男子車椅子バスケのチームである宮城MAX、ラッセル岩手、福島県のチームアース、そして、女子車椅子バスケのスクラッチの活動を支えている。
さらに、東北の障がいを持った子供たちに夢を与えるべく、アスリート・ビジットという車椅子バスケの教室を行っている。東北と車椅子バスケ両方を支えているスポンサーだ。

車椅子バスケの大会を支援!あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイ同和損保は、自動車事故で障がいを抱えた方のサポートを積極的に行っている企業だ。
車椅子バスケ以外でも、障がい者の水泳、デフサッカー、卓球、車椅子ラグビー、車椅子ダンスの支援を行っている。あいおいニッセイ同和損保は、車椅子バスケにおいては主に車椅子バスケの大会のスポンサーを行っている。
車椅子バスケットボール日本選手権、日本車椅子ツインバスケットボール選手権大会、国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会、北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会の協賛を行っている。

おすすめの記事