「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2強に食い込む新興勢力】新潟県のバスケ強豪校5選

2016 7/31 09:20
新潟商業 バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の新潟県のバスケ強豪校は、新潟商業と長岡帝京の2強でほぼ独占状態だったが、新設の開志国際などが王座争いに食い込んできている。新潟商業を軸に、上位を脅かす勢いのある新興勢力などを合わせて、強豪5校を紹介していく。

新潟県バスケ界の雄「新潟商業」

新潟商業(新潟市)は現存する商業高校の中では横浜商業、神戸商業に次いで3番目に古い高校だ。新潟商業で最も活躍しているのが男子バスケット部であり、古くは戦前の旧制新潟商業学校時代に全国中等学校籠球選手権(現在のインターハイにあたる)で優勝を2度経験(1933、39年)し、1999年にもインターハイで優勝を飾っている全国でも名の知れた強豪である。ウインターカップは2013年まで17年連続21回の出場を誇り、県内で絶対的な強さを示している。

新潟商業の一強に終止符を打った強豪校「帝京長岡」

2013年まで長らく続いてきた新潟商業の一強状態に終止符を打ったのは、帝京長岡(長岡市)だった。2013年のインターハイ県予選で新潟商業を破り初優勝を果たすと、14年はインターハイに加えてウインターカップ県予選も制覇。2015年も県内の2大タイトルはいずれも帝京長岡が獲得し、長年続いた新潟商業の一強時代は帝京長岡へと移りつつある。15年のウインターカップは3回戦で強豪・能代工に敗れはしたものの善戦を見せ、全国制覇に向けてさらに注目度は高まっている。

おすすめの記事