「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【日本航空と県立市川に割り込むのは?】山梨県のバスケ強豪校5選

2016 7/31 09:20
バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨県における高校の男子バスケットボールの強豪校は絶対的な実力を持つチームがなく、数年ごとに王座が入れ替わる状態です。2010年代は日本航空と県立市川が頂点を争う状態が続いていますが、これに過去県大会を制覇した経験があるチームを含め計5校紹介していきます。

2010年代の山梨のバスケを引っ張ってきた「県立市川」

近年の山梨高校バスケを引っ張ってきた一番手といえば、県立市川(西八代郡市川三郷町)でしょう。ウインターカップ県予選を2011?14年まで4連覇、インターハイ県予選においても2011?13年に3連覇と一つの時代を築きました。目標はインターハイ、ウインターカップともにベスト8進出です。2015年の高校総体では、最大のライバルである日本航空に王座を譲る形となりましたが、王座を奪還すべく、活躍に熱い視線が注がれます。

山梨バスケ界の現王者「日本航空」

国内でも珍しい「航空科」を持つ私立校として知られるのが日本航空(甲斐市)です。野球、サッカー、バレーなどのスポーツの全国大会常連校としての顔も持ち合わせており、バスケットでも近年、ライバルである県立市川と王座の椅子をかけてしのぎを削っています。ハーフまたはオールコートのゾーンディフェンスと2チームを入れ替えるツープラトン戦術で2015年のインターハイ、ウインターカップの両県予選を制した実績があり、全国の舞台でも上位進出を狙います。

おすすめの記事