「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【正智深谷を軸に展開!】埼玉県のバスケ強豪校5選

2016 7/31 09:20
バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県内における近年の男子高校バスケで、最初に思い浮かべるのは正智深谷という方も多いだろう。それに続いてライバルの昌平、西武学園文理などが全国大会への切符を獲得している。今回は、埼玉県内のバスケ事情を知る上で欠かせないこれらの強豪校5校を紹介しよう。

埼玉県高校バスケの横綱「正智深谷」

正智深谷(深谷市)は、2010年代に入ってから急激に力をつけ始めたチームで、2012~15年のウインターカップ県内予選を4連覇している実績がある。チームは堅守速攻型を得意とし、Uー18日本代表やNBLオールスターゲーム2015において高校選抜にも選ばれた「スピードスター」波多智也選手や、2015年のUー16日本代表の常田耕平選手といった年代別の代表クラスの選手も輩出。2012年のインターハイでは優勝候補を撃破し全国3位に輝くなど、これからさらなる飛躍が期待できるチームだ。

深谷正智と並ぶバスケ実力校「昌平」

「さわやかにバスケット ひたむきにバスケット」をスローガンに、2000年代の埼玉県の男子高校バスケ界をリードしてきた存在が昌平(北葛飾郡杉戸町)だ。インターハイ14回、ウインターカップ10回の出場(2015年6月現在)を誇る名門校であり、2000年にはウインターカップでベスト8に入るなど、近年力をつけてきた正智深谷と比較しても実績は見劣りしない。今後は、再び正智深谷の牙城を崩せるかに注目が集まる。

文武両道のバスケ強豪校「県立川口北」

埼玉県下では有数の進学校として知られる県立川口北(川口市)は、1974開校と比較的歴史が浅い高校で、近年ではバスケ部の活躍がめざましいものである。特に2012、15年のインターハイ県予選では、県内ナンバーワンの正智深谷を撃破して優勝を飾るなど、一躍実力校の仲間入りを果たした。県内のバスケ強豪校は私立校が強い傾向が見られますが、中でも文武両道を掲げながら好成績を残す川口北の活躍は光るものがある。

2011年に県内タイトル3冠「西武文理」

埼玉県の男子バスケにおける4番手に位置付けられているのは、西武文理(狭山市)でしょう。近年の成績では2011年に関東新人大会県予選、インターハイ県予選、ウインターカップ県予選と主要3タイトルを全て制覇している実力校である。こちらも進学率が非常に高い進学校として知られ、長期休みを利用しては全国一の呼び声の高い名門・能代工業や韓国のチームなどの強豪校と合同で合宿を組んで実力を高めている。2015年も3大タイトルは全て4位以内につけており、虎視眈々と全国の舞台を狙い続けている。

埼玉県男子バスケのビッグ4を崩せるか「大宮東」

最後に紹介するのは大宮東(さいたま市見沼区)です。体育科のある学校ということもあって運動部の活動が全体的に盛んで、野球、サッカー、体操、バドミントンは全国大会の常連でありプロ選手も多数輩出。バスケ部もまた、全国大会に通算10度の出場を誇り、県内の強豪ビッグ4を崩す一角となりうる実力を秘めている。2016年の関東大会県予選では4位に入り、再び頂点を目指そうと「一丸突破」をモットーに上位進出を狙っている。

まとめ

埼玉県のバスケ強豪校は、正智深谷を筆頭にビッグ4が形成され、ハイレベルな争いが繰り広げられている。その一方で、上位進出を狙える実力を持っている大宮東の急成長もあり、近いうちにビッグ4の入れ替えが行われるかもしれない。それも踏まえて、今後の彼らの活躍に注目しよう。

関連記事

おすすめの記事