「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【頑張っぺ!】 福島県のバスケ強豪校5選

2016 7/31 09:20
高校 バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校バスケ 2年連続インターハイ出場! 【福島東稜高等学校】

福島東稜高等学校は1959年に創立された私立の女子校でしたが、1999年に男女共学となりました。運動系の部活動が活発で、スポーツ推薦も多く、設備も充実しています。バスケットボール、ソフトボール、体操、馬術部は全国大会の強豪校です。なかでもバスケットボール部男子の活躍には勢いがあり、平成26年度福島県内3冠達成、平成27年度も2年連続インターハイ出場しました。授業でもバスケットボールを専門に学び、食物の栄養や身体のサポートまで総合的に学べます。県内外からバスケットボールで頂点を目指す選手が集まり、「アンビシャス(野望)」をチーム名として、毎日練習に励んでいます。

福島のバスケットボールに新風!【県立清陵情報高等学校】

須賀川市の阿武隈川の丘陵に昭和63年に開校。情報化社会で主役となって活躍できる、人間性豊かな人材を育成するために設立されました。バスケットボール部は、男女とも楽しく練習しています。特に男子は古豪校が居並ぶなか、第60回県南地区大会第1位、第51回福島県選抜高等学校バスケットボール選手権大会南地区予選優勝、平成26年度新人バスケットボール競技南地区大会優勝などの実績があります。平成25年には、関東地区の強豪校との強化練習にも参加しています。

おすすめの記事