「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【頑張っぺ!】 福島県のバスケ強豪校5選

2016 7/31 09:20
高校 バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミラクルなゲームに魅了されるバスケットボールが好き!高校でバスケやりたい!そんなあなたへ。平成29年の高校総体が開催される福島県、それに向けて協会をあげて強化中だ。注目したいバスケットボール強豪校を5校紹介する。

高校バスケ 信義・全力・不撓不屈で全国へ 【福島商業高等学校】

福島市の福島商業高等学校(通称ふくしょう)は明治30年の創立で、東北で2番目に古い県立の商業高等学校。「信義」「全力」「不撓不屈」を校訓とし、心豊かで社会に信頼される人間の育成を教訓としている。部活動も盛んで、バスケットボール部は、野球部やフェンシング部と並び、県内でも強豪校として知られている。特に男子は、全国大会に何度も出場しており、厳しい練習の成果を出している。3年ぶり2回目の、2011年のウインターカップでは、残り時間3秒でスリーポイントシュートが決まり、強敵の近大付属(大阪)に逆転勝利した。大歓声の試合会場では、大きな校訓の横断幕が選手たちを見守っていた。

高校バスケ 攻守速攻!身長差に負けない強さ 【県立福島南高等学校】

県立福島南高等学校は、1987年創立の新しい高校で、福島県内で唯一フランス語の授業があることも特徴だ。国際交流に積極的でイギリスの学校と姉妹校になっており、相互にホームステイ体験もできる。そんな校風をもつ南高のバスケットボール部は、かつては部員確保も大変な時期もありましたが、2015年には、県予選を勝ち抜きウインターカップ2015への出場を勝ち取った。初めての全国大会初戦、体格が上回る近大付属(大阪)に善戦はしたものの破れたのだが、翌年2016年、東北高校新人バスケット選手権大会では決勝に進み、山形南を破り悲願の初優勝を達成した。平成25年には、関東地区の強豪校との強化練習にも参加しており、監督の指導の元に攻守速効のチームづくりで、今後の活躍がますます期待される。

高校バスケ 2年連続インターハイ出場! 【福島東稜高等学校】

福島東稜高等学校は1959年に創立された私立の女子校だったが、1999年に男女共学となった。運動系の部活動が活発で、スポーツ推薦も多く、設備も充実している。バスケットボール、ソフトボール、体操、馬術部は全国大会の強豪校だ。なかでもバスケットボール部男子の活躍には勢いがあり、平成26年度福島県内3冠達成、平成27年度も2年連続インターハイ出場した。授業でもバスケットボールを専門に学び、食物の栄養や身体のサポートまで総合的に学べる。県内外からバスケットボールで頂点を目指す選手が集まり、「アンビシャス(野望)」をチーム名として、毎日練習に励んでいる。

福島のバスケットボールに新風!【県立清陵情報高等学校】

須賀川市の阿武隈川の丘陵に昭和63年に開校。情報化社会で主役となって活躍できる、人間性豊かな人材を育成するために設立された。バスケットボール部は、特に男子は古豪校が居並ぶなか、第60回県南地区大会第1位、第51回福島県選抜高等学校バスケットボール選手権大会南地区予選優勝、平成26年度新人バスケットボール競技南地区大会優勝などの実績がある。平成25年には、関東地区の強豪校との強化練習にも参加している。

女子バスケが熱い!【県立福島西高等学校】

福島西高等学校は、1963年に県立福島女子高等学校として開設された。1965年に男女共学となり、普通科のほか数理学科、デザイン学科が設置されている。勉学・部活動ともに盛んで、特にバスケットボール女子は県内の強豪として例年全国大会への出場を果たしている。粘り強いディフェンスを持ち味に得点につなげ、2015年のウインターカップでは惜しくも8強入りは逃したが、ベスト16を勝ち取った。また、卒業生の2名は、プロのバスケットボール選手として活躍している。



平成29年に開催される福島県、協会が総力で選手強化を図っている。高校バスケも男子は伝統校の福島商業高校や、若松商業高校らに対して、近年力を付け勢いのある福島南高校や清陵情報高校など、力が拮抗しており目が離せない。女子はここ2年間は、福島西高校が圧倒的な強さを見せている。3連覇となるか、楽しみだ。

おすすめの記事