「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本を飛び出しアジアに広がるスラムダンク人気

2017 4/12 12:06吉田 和喜
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dotshock / Shutterstock.com

日本でバスケ人気の火付け役となった少年漫画「スラムダンク」。1990年代、当時まだ日本ではマイナースポーツだったバスケットボールを、一気にメジャースポーツに押し上げました。そんなスラムダンク人気は日本だけにとどまりません。日本からアジアまで広がるスラムダンク人気をご紹介します。

スラムダンクとは

「スラムダンク」は井上雄彦氏による高校バスケットボールを題材にしたスポーツ漫画。1990年から1996年まで少年雑誌に掲載されていました。漫画の人気を受けてアニメ版も作成され、1993年から1996年まで放映されました。
不良だった主人公・桜木花道が、高校入学と共にバスケットボールに出会い、仲間とともに成長し挑戦する様を描いた青春バスケットボール漫画です。今でこそバスケットはスポーツ漫画の定番となっていますが、当時はまだマイナースポーツ扱い。漫画のテーマとしてはタブー視されていました。そんなバスケットを題材にした漫画が大ヒットすることで、日本におけるバスケットボールに対する認知度は一気に上がりました。

日本で伝説的セールスを達成

スラムダンクは全31巻。大ヒットした漫画としては比較的連載が短いと言えます。それにもかかわらず発行部数は1億2000万部と記録的な数字となっているほか、初版発行部数250万部は当時の最高記録でした。
アニメ版のスラムダンクの人気も高く、全101話のアニメ版で最高視聴率は21.4%を記録しました。初代スラムダンクのオープニング曲「君が好きだと叫びたい」を歌ったBAADはデビューしてわずか数カ月ながら、CDセールスで37.6万枚を売り上げ、同曲が同バンド最大のヒット曲になりました。当時スラムダンクに関わるものすべてがヒットする、そんな社会現象が日本では起きていました。

おすすめの記事