「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケのインターハイでの名場面について紹介します!

2017 3/22 18:28華津代
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Eugene Onischenko/Shutterstock.com

夏に行われるインターハイは、出場校数が各都道府県で決められており、地区の予選を勝ち抜いてようやく出場できる狭き門だ。 それだけに、熱い想いもひとしおで、名場面も生まれる。

語り継がれる能代工業高校 其の壱?9冠はここから始まった?

秋田県立能代工業高等学校は、1996年の山梨インタ?ハイでの男子決勝戦で京都の洛南高等学校と対戦した。能代工業高校は入学してすぐにスタメンとなった1年生の田臥勇太選手を始め、菊地勇樹選手、若月徹選手、2年生の畑山陽一選手、小嶋信哉選手、3年でキャプテンの田中学選手を有し、監督は加藤三彦氏だった。
関西の強豪である洛南高校を相手に田臥選手のドリブル、速攻も冴えわたり、果敢に攻め続けた能代工業高校は110-65の圧勝だった。身長173cmの田臥選手が、長身の選手をものともせずに素晴らしいプレイを連発するなど、見応えのある内容だった。漫画「SLAM DUNK」に登場する山王工業高校のモデルと言われる能代工業の、9冠達成へのスタートがこのインターハイだった。

語り継がれる能代工業高校 其の弐?躍動する歴代最強チーム?

1997年京都インターハイ決勝戦での組み合わせが、再び能代工業高校VS洛南高校になった。前年のリベンジを地元京都で果たそうと燃える洛南高校に対し、能代工業高校は2年になってさらに強さに磨きがかかった田臥勇太選手、菊地勇樹選手、若月徹選手と3年の畑山陽一選手、小嶋信哉選手の不動メンバーで臨んだ。
出場した大会ほぼ全てが圧勝で歴代最強チームと言われた能代工業高校は、この試合も前半からしっかり流れを掴み、結果は120-58という大差での圧勝だった。田臥勇太選手は前半から個人技で相手チームに切り込んで流れをつくり大活躍している。その田臥選手の人気もあり、能代工業高校の試合は会場が満員札止めになるなど、毎回多くの人々が詰めかけた。1998年のインターハイでも優勝し、インターハイ6連覇も成し遂げている。

おすすめの記事