「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【インターハイ2017予想】女子バスケ・岐阜女子(岐阜)

2017 3/16 09:28SOL
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by India Picture / Shutterstock.com

高校バスケ冬の全国選抜大会、通称「ウィンターカップ」。2016年のこの大会で準優勝を果たしたのが岐阜女子(岐阜)です。本稿では、全国トップクラスの戦力と実績を誇る同校のインターハイでの成績を予想します。

【学校紹介】安江監督に率いられ、岐阜県内では無敵の存在

岐阜県羽島郡岐南町にある岐阜女子高等学校は、1940年に設立された私立の女子校です。バスケットボール部は創部からおよそ40年の歴史を持ち、安江満夫監督に率いられ、1988年に初めて全国の舞台を踏んでからは岐阜県内で負け知らず。21世紀に入ってからは全国でのタイトルにも手が届くような超強豪としても知られるようになりました。
2015年のウィンターカップで初の日本一を経験。絶対女王・桜花学園(愛知)の対抗勢力としてナンバーワンの実力を誇ります。

【インターハイ2016ハイライト】桜花学園の牙城を崩せず準優勝

昨年のインターハイにも岐阜県代表として出場した岐阜女子。50点以上の差をつけて1・2回戦を突破、3回戦で成長著しい聖カタリナ学園(愛媛)と相対します。聖カタリナ学園はルーキーイヤーの梅木千夏選手が大当たり。スピードあふれるドライブに岐阜女子ディフェンスも苦しめられますが、ファトーらインサイドでの戦いを制して80-67で準々決勝進出を決めます。
続く福島西(福島)との一戦を66-48で制すると、準決勝で待ち受けるのは大阪薫英女学院(大阪)。ポストアップから起点を作り外からの3Pを中心に攻める相手に苦労しますが、この試合もファトーが誰も寄せ付けない高さと強さを見せつけて得点を量産しチームに勝利をもたらしました。
決勝では宿敵・桜花学園(愛知)と対戦。ゴール下でファトーに仕事をさせないという明確な狙いを持った桜花ディフェンスが序盤から完璧に機能し、得点源を奪われた形の岐阜女子。石井選手を中心としたドライブで攻めますが、やはりすべてが得点につながるわけでもなく60-48で敗戦。相手のオフェンスを要所で抑えつつ手堅く決めてくる、そんな女王の牙城の高さを思い知る一戦となりました。

【ウィンターカップハイライト】桜花学園を追い詰めたファイナル

女王へのリベンジを目指して、ウィンターカップも初戦から着実に勝ち上がっていきます。しかし、2回戦の聖和学院(宮城)戦は前半が点の取り合いになったり、準々決勝の八雲学園(東京)戦ではファトー選手のインサイド封じにあい苦しめられました。
それでも、藤田歩選手の卓越したゲームメイク、中でも外でも点を奪った石井香帆選手、2年生ディヤサン選手が攻撃の中心となるなど、「ファトー選手頼み」のチームからの脱却を図り、経験値を高めて再び桜花学園への挑戦権を得ることに成功します。
そして迎えた決勝戦。桜花学園は勝てば高校3冠達成ということで序盤からアクセル全開、主導権を握られてしまいます。この試合でも桜花学園のファトー選手対策はしっかりとはまりますが、藤田選手と石井選手がサブ得点源として機能。徐々に点差を詰めていきました。第3ピリオドには相手の連続ミスから得点を重ねてついに同点に追いつくことに成功
。ここからは激しい点の取り合いとなり、残り30秒で67-65、あと1プレーで大逆転というところでしたが、この局面で完璧な守備を見せたのは桜花学園。女王をギリギリのところまで追い詰めましたが、あと一歩のところでリベンジ達成とはなりませんでした。

【新チームの注目戦力】ディヤサン選手と石坂選手がチームをけん引

チームを支えた石井選手・ファトー選手・藤田選手といった3年生が抜ける来年度、期待がかかるのは2年生センターのディヤサンでしょう。身長だけで言えばファトーよりも高い180cm、ウィンターカップではファトーのバックアッパーとしての出場がメインながらも、聖和学園戦ではチームトップの23得点をマークするなどポテンシャルは十分。岐阜女子のゴール下を支配する存在となりそうです。
また、高精度の3ポイントシュートが魅力の石坂ひなた選手も2年生。パスを受けてボールをリリースするまでの一連の動作に淀みがない素晴らしいシューターで、ディヤサンと並び来季の岐阜女子の得点源としても期待されています。

【インターハイ2017予想】桜花と再戦濃厚も司令塔育成が最重要課題

岐阜県内では無敵の存在であり、全国的に見ても桜花学園の次に手堅く、負ける可能性の少ないバスケを展開している岐阜女子。相当なアップセットがない限りは、ここ数年の主要大会の決勝カードは常に桜花vs岐阜女子ということもあり、来る次のインターハイでも頂点を決める戦いで相まみえることになると予想されます。
前述の2名に加え、パワーフォワードの小野佑紀選手も全国で通用する逸材として注目を集めています。唯一の懸念は司令塔となるポイントガード。U-17日本代表の山本真衣選手を擁する桜花学園が一歩抜きん出ています。1年かけて育成していくことが覇権奪回のための最重要課題となるかもしれません。

まとめ

桜花vs岐阜女子の2強時代に突入して数年、桜花相手の勝利は2015年のウィンターカップ決勝戦のみ。しかし、実力差は以前よりも詰まってきており、岐阜女子のチーム強化は着実に実りつつあります。次のインターハイでも、取りこぼしさえなければ岐阜女子の決勝進出はかなり有力。新チームの成熟を図りながら約束の舞台へと戻る、岐阜女子の再挑戦に注目したいところです。

関連記事

おすすめの記事