「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【インターハイ2017予想】女子バスケ・昭和学院(千葉)

2017 3/16 09:28SOL
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni / Shutterstock.com

バスケットボール界冬のメインイベントであるウィンターカップ。2016年も熱い戦いが繰り広げられたこの大会を、千葉県代表として戦ったのが昭和学院高校だ。昭和学院高校とは一体どんなチームなのか、2017年のインターハイ予想と共に今回紹介しよう。

【学校紹介】ウィンターカップ出場回数は全国ナンバーワン

千葉県市川市にある昭和学院高等学校は、1940年に設立された私立の中高一貫校だ。女子バスケットボール部は、インターハイ優勝1回、ウィンターカップ優勝5回(準優勝2回、ベスト4進出は9回)を誇り、ウィンターカップ出場38回は全国ナンバーワン。
全国から優れた選手が集まる常勝軍団で、田中利佳選手(ジャパンエナジー)や元山夏菜選手(シャンソンVマジック)などバスケットボール女子日本リーグ(Wリーグ)でプレーする選手を多く輩出してきた。元日本代表ヘッドコーチの小浜元孝氏がコーチキャリアを始めた場所としても知られており、歴史と伝統を持つ強豪校である。

【ウィンターカップハイライト】1回戦から登場も連勝スタート

2015年の大会では準決勝で女王・桜花学園に敗れた昭和学院。雪辱を果たすためのリベンジの舞台にこの冬も帰ってきた。初陣となった1回戦は県立富岡東(徳島)と対戦し、72-52で勝利し幸先の良いスタートを切ると、2回戦は県立郡山商業(福島)を86-63で退けて3回戦に進出する。特筆すべきはエースの赤穂ひまわり選手の盤石ぶり。1回戦で27得点、2回戦で38得点と大暴れし、チームを牽引する活躍を見せた。
続く3回戦は和歌山信愛(和歌山)と対戦し、81-65で勝利を収めた。23得点を挙げた赤穂選手はもちろん、彼女の後継者となる2年生エースの佐古愛選手が24得点を上げる大活躍を見せたのが印象的だった。

おすすめの記事