「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新設から強豪へ躍進の開志国際女子バスケ部インターハイ2017予想

2017 3/16 09:28まりも
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni / Shutterstock.com

2017年が開校4年目となり、同じくバスケットボール部創部4年目となる開志国際高等学校。女子は1年目から連続インターハイ出場。3年目にして男女ともにインターハイ出場、ベスト8進出と躍進を続けてきた1代目のメンバーが抜け、どのようなバスケットボールをしていくのか注目です。

開志国際高等学校とは

開志国際高等学校は、新潟県胎内市にある私立高等学校です。新潟県内では30年ぶりとなる全日制私立高校として、2014年に開校しました。国際コースと理数コースのほか、アスリートコースが設置されており、高度なトレーニングメニューと人間力を磨く文武両道の精神で、世界を目指すトップアスリートを育てています。海外研修や練習環境の充実、プロスポーツチームや大学などの高いレベルの選手との合同練習もでき、より高い水準を目指すことができます。

開志国際高校の総監督、富樫秀樹氏

バスケットボール部には、学校創設と同じくして本丸中学校で全国制覇を成し遂げた富樫秀樹氏が総監督として迎えられています。一生バスケットボールと関わりたいと思い教員を志した富樫氏は、田臥選手に続き日本人で2人目となるNBA契約を行い、現在千葉ジェッツで活躍している富樫勇樹選手を息子に持っています。
そして、富樫選手の中学時代のコーチとして、富樫選手が3年生の時に全国制覇を遂げています。U-16日本代表のヘッドコーチを務め、アジア3位入賞も成し遂げています。

おすすめの記事