「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【インターハイ2017予想】女子バスケ・札幌山の手(北海道)

2017 3/8 11:01SOL
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by melis / Shutterstock.com

高校女子バスケ界きっての強豪とされる札幌山の手高等学校。本稿では、3年生が最後の試合だった2016年のウィンターカップのハイライトや、引退後の札幌山はどうするのか詳しく紹介する。また、同校の今夏インターハイでの活躍を予想する。

【学校紹介】女子高校バスケ界・北の名門として

札幌山の手高等学校は、札幌市西区にある1911年に設立された私立校だ。国際交流が盛んな校風で、前身の札幌香蘭女子学園時代から世界各国から留学生を受け入れてきたこともあり、スポーツ系部活動の強化に成功してきた。
女子バスケ部はWリーグに数多くの選手を輩出してきた女子高校バスケ界の名門である。近年は道内の有力選手が集結。地道な強化策が実り、2010年にはインターハイ・国体・ウィンターカップと高校3冠を達成するなど、留学生パワーに頼らないチーム構成で着実にパワーアップが進んでいる。

【ウィンターカップハイライト】ベスト8で昭和学院に惜敗

2016年インターハイ3位の成績を引っさげて、同年のウィンターカップに北海道代表として出場した札幌山の手。28年連続35回目の出場だった。初戦となった2回戦は龍谷富山(富山)と対戦。フルタイム出場の池田玲奈選手が42得点と大暴れ、115-65で大勝し順調な滑り出しを見せる。3回戦では星城(愛知)と対戦。前半は僅差で終えるものの、第3ピリオドでつかんだリードを守りきる形で何とか勝利をつかむ。
続く準々決勝、札幌山の手が相対したのはウィンターカップ優勝5回を誇る強豪・昭和学院(千葉)。実績では格上の相手に対し、序盤は接戦を繰り広げるものの、第3ピリオドに3ポイントシュート5本を固め打ちした昭和学院が点差を大きく広げることに成功。最終スコアは55-91で敗戦、準決勝進出とはならなかった。

おすすめの記事