「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【インターハイ2017予想】女子バスケ・大阪薫英女学院(大阪)

2017 3/8 11:01SOL
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by melis / Shutterstock.com

高校スポーツのどの競技でも強豪校がひしめく大阪。女子バスケ界を引っ張るのが、大阪薫英女学院です。本稿では同校の2017年インターハイでの活躍ぶりを最速予想します。

【学校紹介】関西バスケ界の女王とも呼べる強豪に成長

大阪薫英女学院は、大阪府摂津市にあり、1931年に設立された私立の女子校です。中高一貫教育でこれまでに多くの著名人を輩出してきました。
女子バスケットボール部の歴史は古く、「心は熱く」「頭は冷静に」をモットーに歴史を重ねており、ウィンターカップ出場回数30回を数える名門です。うち準優勝2回、ベスト4進出が3回と全国的に見ても強豪として知られますが、留学生のパワーには頼らず、関西の有力選手が集まり毎年総合力の高いチームを作り上げています。

【ウィンターカップハイライト】卓越したシュート力で4位と躍進

大阪府代表として出場した2016年のウィンターカップ。初戦となった2回戦は埼玉栄(埼玉)と対戦。高原春季がゴール下を中心に22得点を稼ぎ、86-57で勝利を収めます。続く3回戦は、三重県代表の県立いなべ総合学園と対戦し77-44で勝利。この試合では1回戦に続いて鈴木紫選手が3ポイントシュートを4本沈める大活躍を見せます。
中外問わず、バランスのよい攻撃力を見せて準々決勝へ進出すると、続く浜松開成館戦では粘り強いディフェンスに手を焼くも、キャプテンの金田愛奈選手が15得点11リバウンド、奥伊吹選手が20得点と獅子奮迅のプレーを見せて勝利に貢献します。
続く準決勝は、インターハイを制した桜花学園との一戦。序盤から硬さが目立ち、桜花学園の激しいディフェンスの前に得点を重ねることができません。第3ピリオドに26得点を挙げて持ち直すも時すでに遅し。精度の高いシュート能力を持つ選手が多く集まった今大会のチームでしたが、惜しくもベスト4で涙を呑むことになりました。

おすすめの記事