「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国屈指の女子バスケ強豪校・桜花学園のインターハイ2017活躍予想

2017 3/8 11:01まりも
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by KP Photograph / Shutterstock.com

ウィンターカップ21度の優勝とインターハイ22回の優勝を成し遂げるも、2016年惜しくもウィンターカップの優勝を逃し、史上2校目となる3年連続の高校3冠を果たせなかった女子バスケの強豪、桜花学園高等学校。強さの秘密と、2017年インターハイ予想は?

女子バスケットボールの強豪校・桜花学園高等学校とは

桜花学園高等学校は、愛知県名古屋市昭和区にある私立の女子高等学校だ。女子バスケットボールの強豪として知られ、1983年より全国大会出場を続け、1986年の井上眞一監督就任後は全国大会で60回の優勝を成し遂げている。
井上監督の指導法とは、身体づくりのためのトレーニングや食事管理、メンタルや技術まで行い、正にダイヤの原石をさらに輝かせるための指導とも言える方法なのだ。全寮制の共同生活ということもあり、部員同士の距離感も近い。

桜花学園井上監督と活躍する教え子たち

井上眞一監督の教え子たちは卒業後も活躍をみせており、アテネオリンピック以来の3大会ぶりに出場となったリオデジャネイロオリンピックバスケットボール女子日本代表選手12名の中にも、髙田真希選手や渡嘉敷来夢選手、三好南穂選手と、桜花学園出身の選手が多く名を連ねている。
監督自身が大学時代にバスケ部のしごきに耐えかねてやめた経験から、無駄な上下関係や効率の悪い練習は一切せず、個性を伸ばし、開花させようとする人間性に気を配った指導を行っているのだ。

おすすめの記事