「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年度バスケのインターハイ優勝校予想!

2017 3/8 11:01クララ
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by melis / Shutterstock.com

ウィンターカップも終わって3年生は完全に引退してしまいました。現在は次の選手達が新人戦で活躍し、高校バスケを盛り上げてくれています。ここでは、2017年度のバスケのインターハイの優勝校を、これまでの実績や2017年度の新人選の結果を元に予想してみたいと思います。

男子:これまでの実績からインターハイの優勝候補は?

男子高校バスケの優勝校の有力候補としては、2016年のインターハイ、ウィンターカップを制した「福岡第一」がまず挙げられますが、2016年のウィンターカップ準優勝の京都の「東山」も最近メキメキと実力を上げてきていて要注目です。
石川県の「北陸学園」は、2016年に2年生で大活躍した注目の大倉颯太選手が3年生になるので、ますます目が離せません。また、インターハイ常連校の「船橋市立船橋」が、どのくらい力が出せるかということも気になります。

男子:新人戦の結果から

上記で上げた4つの高校は、いずれも新人戦の各都道府県大会で良い成績を残しています。主力の3年生が抜けても下の学年にきちんと引き継がれていることがわかります。
福岡県の大会での優勝への快進撃を見ていると、「福岡第一」が3月の九州の新人の大会でも上位になると予想されます。京都府の「東山」は府の決勝リーグでは3勝0敗で優勝、石川県の「北陸学園」は県大会決勝で「金沢」に敗れたものの、すぐ後の北信越の大会ではその「金沢」に勝利して北信越1位となっています。千葉県の新人戦を制した「船橋市立船橋」は、強豪揃いの関東の大会でも優勝しています。

おすすめの記事