「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校バスケ!インターハイの出場条件とは?

2017 3/8 20:01クララ
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by melis / Shutterstock.com

近年、サッカー、野球に次いで人気の出てきたバスケットボールだが、高校バスケは背も大人なみに伸びて大迫力のプレイを見られるのが魅力だ。 高校バスケの全国大会で忘れてはならないのがインターハイだ。 出場するにはどんな条件をクリアすればよいのだろうか?

高校バスケの国内2冠大会とは

高校のバスケットボールの大会として国内2冠大会と言われているものに、夏の全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会(インターハイ)と冬の全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(JX-ENEOSウィンターカップ)がある。
インターハイは、「全国高等学校バスケットボール選手権大会」も兼ねている。そしてインターハイ優勝校には、「JX-ENEOSウィンターカップ」と翌年の社会人や大学のチームも入る「全日本総合バスケットボール選手権大会」の出場権が与えられる。

インターハイの歴史

「インターハイ」の歴史は、古く1948年に始まり、出場校も多い。当初は、国体として開催されていたが、1951年に国体から分離、さらに1963年に全国高等学校総合体育大会が開催されるとバスケもその一部となり現在に至る。
後年1971年に始まった冬の「ウィンターカップ」がバスケの甲子園と言われてきている現在でも、3年生が夏に引退する学校はまだまだ多く、インターハイの盛り上がりも健在だ。

おすすめの記事