「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

女子バスケ選手の中でU-19でも注目されそうな選手を紹介します。

2017 3/8 20:01華津代
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典Teera Pittayanurak /Shutterstock.com

女子バスケットボールの有望選手の中で、U-19でも活躍が期待されそうな選手をピックアップした。 全国大会で最多優勝の名門、桜花学園高校から創部数年目の学校まで、さまざまなチームの注目選手を紹介する。

U-18日本代表チームのキャプテン、馬瓜ステファニー選手

名門桜花学園高校のエース・馬瓜ステファニー選手は、主将も務めていて、181cmの長身や高い身体能力、スピードを生かした攻撃が特徴だ。ガーナ人の両親と姉との家族全員で日本国籍を取得しており、姉のエブリンさんもバスケ選手で、桜花学園高校卒業後、アイシンAWウィングスに所属している。
馬瓜選手は、中学3年でU-16日本代表となり、第3回FIBAアジア女子選手権大会に出場した。高校3年となった2016年には第23回FIBA ASIA U-18女子バスケットボール選手権大会に出場。ここでもキャプテンとしてチームを牽引し、銀メダルを獲得している。

一家にバスケットボール選手がいっぱい 赤穂ひまわり選手

昭和学院高校の赤穂ひまわり選手は、1998年生まれ、身長183cmで、両親が2人ともバスケの選手をしていた。父の真氏はユニバーシアードの銀メダリストだ。姉は高校生屈指のセンタープレーヤーとして活躍し、デンソーアイリスに所属するさくらさん、双子の兄で身長195cmの雷太さんは、船橋高校バスケ部のキャプテンだ。
赤穂選手は、小学3年でバスケを始め、中学時代は3年の時に準優勝したU-16アジア選手権出場など、世代別の代表に選ばれ続けている。高校に入ると1年からスタメン起用されるエース候補となった。U-17世界選手権、U-18アジア選手権にも出場している。

おすすめの記事