「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

若い力がみなぎるNBAインディアナ・ペイサーズの概要と注目選手

2017 2/16 19:10
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Filipe Frazao/Shutterstock.com

NBAのインディアナ・ペイサーズと言えば、レジー・ミラー氏を思い出す方も多いだろう。現在のインディアナ・ペイサーズも若く才能のある選手がいて、注目されているチームだ。チームの概要と注目選手をお伝えする。

チームの沿革と特徴

1967年にNBAに対抗する組織として発足したプロバスケットボールリーグABA。そのオリジナルチームとして設立されたインディアナ・ペイサーズはABAの強豪だった。1976年にABAが財政難から解散すると、インディアナ・ペイサーズはNBA入りする。
当初財政難から低迷したインディアナ・ペイサーズだが、1987年にNBAドラフト11番目で指名したレジー・ミラー氏などドラフト戦略で成功すると、90年代にはプレーオフ進出の常連チームになる。1999-2000年シーズンはNBAファイナルに進出、ロサンゼルス・レイカーズに2勝4敗で敗れたものの、その後も強豪チームの1つだった。

最近の成績

2006-07年シーズンからインディアナ・ペイサーズは低迷期に突入。4シーズン続けてプレーオフ進出を逃している。2010年のドラフトでポール・ジョージ選手、そしてニューオリンズ・ホーネッツからダレン・コリソン選手を獲得すると、チームは上昇を始める。
2010-11年シーズン5シーズンぶりにプレーオフ進出を果たしている。2012-13年シーズンには49勝32敗でディビジョン優勝、プレーオフもカンファレンス・ファイナルまで進んでいる。2013-14年シーズンも56勝26敗の好成績、プレーオフも2年続けてカンファレンス・ファイナルまで進出した。

おすすめの記事