「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

破壊力抜群の攻撃力NBAゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手

2017 2/16 19:10
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis/Shutterstock.com

NBAゴールデンステート・ウォリアーズは、2014-15シーズンに40年ぶりのNBAチャンピオンになったが、さらなる補強を行い、2016-17シーズン2シーズンぶりの優勝を目指す。ゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手を紹介する。

チームの沿革と特徴

ゴールデンステートとは、カルフォニア州の別の呼び方だ。ゴールデンステート・ウォリアーズはカルフォニア州のオークランドに本拠地を置くチームだ。
その歴史は1946年のフィラデルフィアに遡り、NBAの前身母体であるBAAのオリジナルチームであるフィラデルフィア・ウォリアーズとして始まった。1956年にNBAチャンピオンになったが、その後チームは1962年にカルフォニア州のサンフランシスコに本拠地を移し、サンフランシスコ・ウォリアーズになる。そして、1972年にオークランドに本拠地を移したのを機にゴールデンステート・ウォリアーズとなった。1975年に2度目のNBAチャンピオンになる。

最近の成績

1975年にNBAチャンピオンになったゴールデンステート・ウォリアーズだったが、その後は低迷期を迎える。80年代末からドン・ネルソン氏がヘッドコーチに就任すると、クリス・マリン氏、ミッチ・リッチモンド氏、ティム・ハーダウェイ氏のラン・TMCのトリオの活躍でプレーオフ進出常連チームになるが、プレーオフで勝ち進むことはできなかった。
その後再び低迷期に入ったウォリアーズだったが、2012-13シーズンからボブ・マイヤーズ氏がGMに就任すると、チームの改革は始まる。ステファン・カリー選手とクレイ・トンプソン選手が3ポイントシュートを量産するチームスタイルになり、2014-15シーズンについに40年ぶりのNBAチャンピオンに輝いた。

父から受け継ぐ確かなDNAステフィン・カリー選手

ステファン・カリー選手は、1988年3月14日、アメリカ合衆国オハイオ州アクロン生まれ、191cmのポイントガードだ。父親もNBA選手で、シャーロット・ホーネッツなどに所属し、3ポイントシュートの名手であったデル・カリー氏だ。
ステファン・カリー選手の学生時代は、意外にも困難が多く、NCAAの強豪校からは声がかからず、デビッドソン大学に入学している。大学に入ると身長も伸び、父親ゆずりの3ポイントシュートの名手として目立ち始める。
大学3年の2009年にドラフト全体7位でゴールデンステート・ウォリアーズに指名され、入団。その後NBA氏に名を残す3ポイントシューターになった。2014-15シーズンにチームを優勝に導きMVPになると、2015-16も満票でMVPに選ばれたスーパースターだ。

もう一人の名手クレイ・トンプソン選手

クレイ・トンプソン選手は、1990年2月8日、アメリカ合衆国カルフォニア州ロサンゼルス生まれだ。201cmの身長があるが、アウトサイドからのシュートが得意な選手だ。
2011年のドラフトにおいて1巡目11位でゴールデンステート・ウォリアーズから指名を受けたクレイ・トンプソン選手は、1年目から1試合平均12.5得点をあげると、優勝した2014-15シーズンには21.7得点をあげている。3ポイントシューターコンビとして、ステファン・カリー選手と共に、スプラッシュ・ブラザーズと呼ばれている。2016年リオデジャネイロオリンピックのバスケットボールアメリカ合衆国代表だ。

悲願のチャンピオンへ!ケビン・デュラント選手

ケビン・デュラント選手は、1988年9月29日、アメリカ合衆国ワシントンD.C.生まれ、206cmのスモールフォワードの選手。テキサス大学で1年次に大学バスケットボールの個人タイトルを独占すると、2007年のドラフトにおいて全体2位でシアトル・スーパーソニックスから指名され、入団を果たした。
シアトル・スーパーソニックスは新経営陣によって、オクラホマシティ・サンダーになったが、ケビン・デュラント選手中心のチーム作りを進める。オクラホマシティ・サンダーでは4度の得点王を獲得し、2013-14シーズンはレギュラーシーズンMVPに輝いている。2016-17シーズンからNBAファイナルの優勝を目指し、ゴールデンステート・ウォリアーズに加入している。

まとめ

NBAゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手を紹介した。ステファン・カリー選手とクレイ・トンプソン選手のスプラッシュ・ブラザーズに、4度の得点王ケビン・デュラント選手が加わったチームは破壊力抜群だ。ゴールデンステート・ウォリアーズの今後に注目だ。

関連記事

おすすめの記事