「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NBAを見よう!ダラス・マーベリックスの注目選手達

2017 2/16 19:10
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by wk1003mike/Shutterstock.com

NBAウエスタン・カンファレンスのサウスウエスト地区に所属するダラス・マーベリックスは1980年に創設されたチームで、創設以来、地域、チーム名が変わっていない。そんな地元に一途なダラス・マーベリックスの注目選手を紹介する。

ダラス・マーベリックスとは?

ダラス・マーベリックスは、マーベリックスを略してマブスと呼ばれることもある。2000年-2001年シーズンにプレーオフに進出を果たしてから12シーズン連続でプレーオフに進出し、2005年-2006年シーズンには地区優勝を果たす。
そして2010年-2011年シーズンには念願のファイナル制覇を成し遂げている。その後、2012年-2013年シーズンはプレーオフ進出を逃すが、その後2013年-2014年シーズンから3シーズン連続でプレーオフ出場を果たしている。

8番 デロン・ウィリアムズ選手 ポイントガード

デロン・ウイリアムズ選手は、イリノイ大学から2005年に全体3位でユタ・ジャズに指名され、NBA入りを果たす。ユタ・ジャズ時代の2007年にアメリカ代表にも選ばれており、2008年北京オリンピック、2012年ロンドンオリンピックの2大会に出場し金メダルを獲得している。この頃のデロン・ウイリアムズ選手は、NBAでもベストポイントガードと評価されていた。その後、ニュージャージー・ネッツを経て、2015年-2016年シーズンからダラス・マーベリックスへ所属す。
2016年現在32歳とピークは過ぎつつあるが、より円熟味のあるプレーを見せるようになっている。ポイントガードとしては大柄な191センチの長身でパワーあふれるディフェンスを行い、当たり負けしないのが強みだ。

41番 ダーク・ノヴィツキー選手 パワーフォワード

ドイツ生まれで、ヨーロッパ出身のNBA選手で最も優れた評価を得ている1人でもあるダーク・ノヴィツキー選手。ダーク・ノヴィツキー選手は様々なチームの思惑が絡んだ1998年のドラフトでミルウォーキー・バックスに指名され、ダラス・マーベリックスへトレードされる。
1998年-1999年シーズンにデビューを果たして以降移籍はなく、フランチャイズプレーヤーとして2016年現在ダラス・マーベリックスの中心選手として活躍している。3ポイントシュート、フリースローと無類のシュート力を誇り、213センチと長身ながら柔らかい動きを見せてくれる。2016年で38歳のダーク・ノヴィツキー選手はすでにベテランの域。
2018年までの契約があるが、そこで引退とも言われている。引退前に最後の輝きを見せてもらいたいものだ。

40番 ハリソン・バーンズ選手 スモールフォワード

ハリソン・バーンズ選手は、2012ドラフト全体7位でゴールデンステート・ヲリアーズに指名され、NBA入りを果たす。初年度から試合に出場したハリソン・バーンズ選手はプレーオフでも活躍を見せ、オール・ルーキーチーム1stチームにも選出される。
ハリソン・バーンズ選手はジャンプシュートを得意とし、ディフェンス面でも貢献。2014年-2015年シーズンには念願のファイナル制覇を果たす。その後2016年からダラス・マーベリックスへと移籍する。2016年のリオ・オリンピックアメリカ代表にも選ばれ、金メダル獲得に貢献した。2016年現在で24歳と若く、今後のNBAを背負っていくであろう人材の一人として見られている。

まとめ

ダラス・マーベリックスにはレジェンドであるベテランのダーク・ノヴィツキー選手がいて、若手のホープであるハリソン・バンズ選手も所属している。ベテランと若手の融合を楽しむにはオススメのチームだ。プレーオフに進出するのがもはや当たり前となっているダラス・マーベリックスに注目だ。

関連記事

おすすめの記事