「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NBAフィラデルフィア・76ers 活躍が期待される注目の選手達

2017 2/16 19:10
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ivica Drusany / Shutterstock, Inc.

歴史あるNBAフィラデルフィア・76ersだが近年不振を極めている。 しかし若手に期待の選手も現れており、明るい兆しも見せている。 そんな期待される若手の注目選手をピックアップしチームの歴史と併せ、紹介する。

チーム名は、アメリカ独立宣言が由来

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(76ers)は、ペンシルベニア州フィラデルフィアに本拠を置くNBAのチームでイースタン・カンファレンス、アトランティック・ディビジョン所属している。チーム名の「76ers」は1776年にアメリカ独立宣言が、当時の首都であったフィラデルフィアで行われたことに由来する。略してシクサーズと呼ばれる機会が多い。
1937年にニューヨーク州シラキュースで設立されたシラキューズ・ナショナルズが前身になる歴史のあるチームだ。

近年、不振極めるチーム成績

NBAファイナル優勝歴3回、ディビジョン優勝歴も11回を誇るチームがここ3年は不振にあえいでいる。
2014-15年シーズンでは開幕17連敗を喫した上に、2015-16年シーズンでは開幕18連敗を喫するなどチームの不振が際立っている。この2015-16年シーズンではNBA史上ワースト3位となる10勝72敗の成績でシーズンを終え、不振も底を打った感すらある。2016-17年シーズンも開幕7連敗でスタートしたが若手や新戦力などチームの体制も整いつつある状況だ。

故障が癒えた期待の大器 ジョエル・エンビード選手

期待の若手ジョエル・エンビード選手は、カメルーン・ヤウンデ出身でポジションはセンターの選手だ。大学は名門カンザス大学に進学し、2014年のNBAドラフトで故障を抱えていながらも全体3位指名という高評価を受けた。
しかしこの時抱えていた故障が癒えず2年間の厳しいリハビリ期間を過ごし、ついに2016-17年シーズンに待望のデビューを果たす。デビュー戦は、22分の出場ながらチーム最多の20得点を記録するという鮮烈デビューとなった。まだ22歳の若手なのでこれからの活躍が大いに期待される選手だ。

世界と戦った実績ある ダリオ・サリッチ選手

ダリオ・サリッチ選手は、クロアチアの出身でポジションはパワーフォワードだ。クロアチアの代表でもあるサリッチ選手は、身体能力の高さが魅力のオールラウンドプレイヤーで、ゴール付近では激しいぶつかり合いもものともしない力強さを見せて、得点とリバウンドを量産する。また大柄な選手ながら、フリースローや3Pの精度も決して悪くない。アシストもある程度見込める器用な若手選手になる。
2010年、U-16欧州選手権もクロアチアの金メダル獲得に貢献し、満場一致で同大会MVPに選出された実績も持っている。

活躍が期待されたルーキー ベン・シモンズ選手

オ?ストラリア出身のベン・シモンズ選手は、2013年1月にNBA選手を目指すために渡米し、フロリダ州のモントヴェルデ・アカデミー高校に転校した。シモンズ選手は、瞬く間に全米級の選手として注目され、高校卒業後はルイジアナ州立大学に進学。同大学でも1年生ながら主力として活躍。2016年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明して、76ersから全体1位指名を受けたスーパールーキーだ。
しかし、トレーニングキャンプ中の9月30日に右足第五中足骨を骨折し、シーズンデビューが絶望視されているが、期待の高い選手である事に変わりない。

まとめ

ここ3年間のチーム成績は散々たるものだが、 若い世代に能力の高い選手が数多く在籍しており、これからが期待されるチームだ。

関連記事

おすすめの記事