「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

創設3年目に優勝、NBAミルウォーキー・バックスの歴史と注目選手

2017 2/16 19:10
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis / Shutterstock, Inc.

創設3年目という猛スピードで優勝を勝ち取ったNBAのミルウォーキー・バックスをご存知だろうか。1970?1980年代にかけて、大暴れをしたチームだ。ここでは、ミルウォーキー・バックスの歴史や注目選手について紹介したい。

カリーム・アブドゥル・ジャバー選手を獲得

ミルウォーキー・バックスはNBAイースタン・カンファレンスのセントラル・ディビジョンに属すチームで、本拠地はウィスコンシン州ミルウォーキー、ホームアリーナはBMOハリス・ブラッドリー・センターだ。創設は1968年、本拠地は最初からミルウォーキーで、バックス(牡鹿の意味)は公募により決められた。
1年目の成績は27勝55敗と大きく負け越している。しかしこの年のドラフトで1位指名権を手にすると、史上最高のセンターとも言われる、カリーム・アブドゥル・ジャバー選手(当時の名前はルー・アルシンダー)を獲得、翌1969-70シーズンには56勝26敗と大躍進を遂げた。

創設3年目での快挙

1970-71シリーズでは、シンシナティ・ロイヤルズの大エースで、シーズン平均トリプルダブル(得点、リバウンド、アシストが全て2ケタ)の経験を持つオスカー・ロバートソン選手をトレードで獲得すると、一気に勝ち星を伸ばし66勝16敗の最高勝率でプレーオフに臨む。
プレーオフでも順調に勝ち上がり、決勝ではボルチモア(現ワシントン・ウィザーズ)を4-0で下し優勝に輝く。チーム創設3年目でのNBA制覇だった。その後1990年代に低迷するが、2000年代には持ち直し、最近では時折プレーオフには進出するものの、1回戦敗退が続いている。

おすすめの記事