「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NBA最近の注目チーム、メンフィス・グリズリーズの注目選手

2017 2/16 19:10
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Lane V. Erickson/Shutterstock.com

テネシー州メンフィスに拠点を置くNBAチーム、メンフィス・グリズリーズをご存知だろうか。ファイナル進出は一度もないが、ここ数年プレーオフの常連となっているチームだ。ここではメンフィス・グリズリーズの歴史、戦歴、注目選手など紹介する。

カナダ生まれの若いチーム

メンフィス・グリズリーズはNBAウェスタン・カンファレンスのサウスウェスト・ディビジョンに属すチームで、本拠地はテネシー州メンフィス、ホームアリーナはフェデックス・フォーラムだ。
設立は1995年、バンクーバー・グリズリーズとして、カナダのバンクーバーで生まれた。しかし、若手中心のチームで成績は上がらず、NBAのロックアウトなども重なり人気はいま一つだった。そこにドラフト指名選手から拒否される事件が起こり、結局2001年テネシー州メンフィスに拠点を移す。
こうしてメンフィス・グリズリーズは誕生した。ちなみにグリズリーズはアメリカ北部、カナダに棲息する灰色熊のことだ。

連続プレーオフ進出中

バンクーバー時代のグリズリーズは、弱さだけが目立つ弱小チームだった。1995-96?2000-01までの6シーズンで最高勝率は2割8分と3割に届いたことがなかった。
それでも、メンフィス移転2年目の2003年になると、2001年の新人王に輝いたマイク・ミラー選手をトレードで獲得、初めて勝率3割に到達する。そして2003-04シーズンには50勝32敗と初めて勝ち越しプレーオフ進出を決めた。その後は3シーズン連続プレーオフに進出するも1回戦で敗退の後は4シーズン連続プレーオフを逃がす。
勢いがついたのは2010-11シーズンだった。46勝36敗でプレーオフに進出すると初めて1回戦に勝利を収めた。以降6シーズン連続プレーオフ進出中だ。

高額契約が話題、マイク・コンリー選手

マイク・コンリー選手は1987年生まれ、身長1.85m、体重79kg、背番号11のポイントガードだ。父親はオリンピック3段跳びの金メダリスト、叔父は元NFL選手という環境で育った。出身はオハイオ州立大学、2007年ドラフトでメンフィス・グリズリーズから全体4位で指名され入団する。
1年目から53試合に出場して平均得点9.4、平均アシスト4.2とまずまずの成績を残した。2015-16シーズンでは平均得点15.3、平均アシスト6.1を残し、オフには5年総額1億5300万ドルで残留している。2016-17シーズンも年棒に見合う働きをしていたが、11月29日の試合で腰背部を傷め戦線離脱中だ。

スペイン出身のセンター、マルク・ガソル選手

マルク・ガソル選手は1985年生まれ、身長2.16m、体重116kg、背番号は8のセンタープレーヤーだ。出身地はスペインのカタルーニャ州、バスケットは兄パウ・ガソル選手(NBAサンアントニオ・スパーズ所属)の影響でスペイン時代に始めた。2008年の北京オリンピックには兄と共に出場、見事銀メダルに輝いている。プロデビューもスペインだった。オリンピックまでをスペインでプレーし、メンフィス・グリズリーズと契約を交わしたのは2008年だ。
入団後は順調に成績を伸ばすが、2015-16シーズン途中に右足を骨折、先行きが心配された。しかし、2016-17シーズンでは怪我も治り、例年どおりの活躍を見せている。

ドラフト外からレギュラーに、ジャマイカル・グリーン選手

ジャマイカル・グリーン選手は1990年生まれ、身長2.06m、体重103kg、背番号は0のパワーフォワードだ。出身はアラバマ大学、学生時代は、サウスイースタンの1stチームに選出されたほどだったが、ドラフトでの指名はなかった。それでも、NBAのサマーリーグに参加してサンアントニオ・スパーズと契約する。
しかし直にウェイブされ他チームに移ることに。2012?2015年にかけては契約、ウェイブの繰り返しだった。そして2015年、メンフィス・グリズリーズと10日間契約を結び最終的に3年間契約を勝ち取る。2016-17シーズンではレギュラーに定着、チームになくてはならない存在になった。

まとめ

メンフィス・グリズリーズの歴史や戦歴、注目選手について紹介した。 カナダで設立され、当初はドラフト指名選手にも拒否されるくらいの弱小チームだった。 しかし、最近ではプレーオフの常連として、存在感を示している。 中心選手の怪我が心配だが、今後も活躍してほしいチームだ。

関連記事

おすすめの記事