「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケ中級者に向けたディフェンス上達のコツ

2017 2/9 09:26
バスケ 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Aspen Photo / Shutterstock, Inc.

バスケットボールでは、華やかなオフェンスに対してディフェンスは地味なイメージがありますね。 でも、ディフェンスが弱いチームは上位に顔を出せません。 ここでは、バスケットボール中級者に向けてディフェンスのコツやポイントをご紹介します。

チームとしてのディフェンス

バスケットボールの試合では、1対1でプレーヤーにつくマンツーマンディフェンスと、5人でゴールエリアを守るゾーンディフェンスがあります。それぞれの形式は、チームのメンバー構成や、試合の流れにより採用されますが、お互いにメリットとデメリットがあるので、どちらがいいとは断定できません。
一般的には、速攻が得意なチーム、個々のレベルに差があるチーム、特定のプレーヤーを特定のポジションに置きたいチームなどには、ゾーンディフェンスの方が成功率が高くなります。

個々のスキルアップはマンツーマンで

2015年8月に日本バスケットボール協会より15歳以下でのマンツーマンディフェンスが推進されました。ゾーンディフェンスの禁止です。狙いは色々あるようですが、基本的には個人のスキルアップを図ることが最大の目的のようです。
オフェンス側から見れば、1対1で相手を抜いて得点する。ディフェンス側から見れば、最後まで守りきってシュートまでさせない。バスケットボールはチームプレーですが、マンツーマンでの基本的な能力を身に付けることで、ディフェンス力も身に付きます。

おすすめの記事