「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケ中級者が知っておきたいハンドリング上達のコツ

2017 2/9 09:26
バスケ 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Nadir Keklik / Shutterstock, Inc.

ハンドリングはバスケットボールの基本中の基本です。 ハンドリングがうまくできないと、正確なパスやシュートも満足にはできません。 ここではバスケットボール中級者に向けてハンドリングのコツや効果的な練習方法をご紹介します。

ハンドリングの始まりはパスを受けるところから

コート内のほとんどのボールハンドリングは、パスを受けるところから始まります。それだけにパスの受け方に気を配れば、次のプレーの成功率が高くなります。ボールは腕の力を抜いて10本の指の腹で受け止めます。ボールを受けると同時に腕をたたんで手前に引く動作を入れれば、スピードのあるボールもはじくことはありません。
ボールをもらう前から、次のプレーに即した体勢を作っておきます。次のプレーを考えながらパスを受けると、余計な動作も少なくなり、次のプレーもスムーズにできます。

ドリブルでのハンドリング

ディフェンスの当たりが強くパスはできないし、シュートを打つにはゴールが遠すぎる。そんな羽目に陥って破れかぶれでパスを出しても、上手くいくはずがありません。ディフェンスにカットされて逆襲されるのが目に見えています。
そんなときは、ドリブルでディフェンスとの間合いを確保し、パスを出せる味方を探します。高いドリブルよりは、低く強いドリブルをして、使っていない方の手や脚でディフェンスしてください。常に体は前を向いて、パスができる味方を探しましょう。

おすすめの記事