「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケ中級者が知っておきたいハンドリング上達のコツ

2017 2/9 09:26
バスケ 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Nadir Keklik / Shutterstock, Inc.

ハンドリングはバスケットボールの基本中の基本です。 ハンドリングがうまくできないと、正確なパスやシュートも満足にはできません。 ここではバスケットボール中級者に向けてハンドリングのコツや効果的な練習方法をご紹介します。

ハンドリングの始まりはパスを受けるところから

コート内のほとんどのボールハンドリングは、パスを受けるところから始まります。それだけにパスの受け方に気を配れば、次のプレーの成功率が高くなります。ボールは腕の力を抜いて10本の指の腹で受け止めます。ボールを受けると同時に腕をたたんで手前に引く動作を入れれば、スピードのあるボールもはじくことはありません。
ボールをもらう前から、次のプレーに即した体勢を作っておきます。次のプレーを考えながらパスを受けると、余計な動作も少なくなり、次のプレーもスムーズにできます。

ドリブルでのハンドリング

ディフェンスの当たりが強くパスはできないし、シュートを打つにはゴールが遠すぎる。そんな羽目に陥って破れかぶれでパスを出しても、上手くいくはずがありません。ディフェンスにカットされて逆襲されるのが目に見えています。
そんなときは、ドリブルでディフェンスとの間合いを確保し、パスを出せる味方を探します。高いドリブルよりは、低く強いドリブルをして、使っていない方の手や脚でディフェンスしてください。常に体は前を向いて、パスができる味方を探しましょう。

リバウンドボールの取り方

リバウンドボールは相手ゴール下でも味方ゴール下でも、どちらが取るかで2点入るかどうかの分かれ道になります。ボールに触ることができれば、何とか自分のボールにしたいものです。しかし、数人がひしめくゴール下では、一度つかんだボールでも確保するのは大変です。
リングからこぼれたボールをつかむことができたなら、つかんだ腕は最短コースでお腹まで降ろし、ボールを抱え込みます。確実に自分のボールになったことを確認してから次のプレーに移っても、決して遅くはありません。

ハンドリング練習方法

ハンドリングの練習は、手とボールを馴染ませるために行います。そのため、実戦では使わない動きが多くなっていますが、練習のための練習と思って割り切ってください。
ボールを体の回りを1周させます。頭の回り、お腹の回り、脚の回りの3か所を使いますが、右手で半周させて左手に渡し、左手で半周すると右手が引き継ぎます。それぞれの部位を単独に回しても、順番に回しても構いませんが、ボールを見るのではなく、必ず前を見ながら行ってください。やがてスピードも上がってきますよ。

ドリブルを使ったハンドリングの練習

ドリブルを使ったハンドリングの練習も効果的です。ドリブルは高く強いつき方をします。まずは、体の前方でVの字のドリブルをつくのですが、右手でついて右手で受け止めてください。受け止めたボールはやはりVの字で元に返します。右手が終われば左手だけを使って同じ方法を行います。
体の前が終わったら、次は脚を広げて、脚の間を通してください。ちょうどレッグスルーを片手だけで行う感じです。これも右手、左手と行って終わります。今回は体の前と脚の間でしたが、場所を変えても効果は得られそうです。

まとめ

ハンドリングの効果的な練習方法や、場面場面でのハンドリングのコツなどを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 練習方法に関しては、まだまだ多くの効果的なやり方があります。
色々な方法を試してみて、自分に合っているものを取り入れればいいと思います。やがてボールとお友達になれますよ。

関連記事

おすすめの記事