「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケ中級者のための覚えておきたいパス上達のコツ

2017 2/9 09:26
バスケ パス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by bbernard/ Shutterstock, Inc.

バスケットボールの試合では、パスを上手に使えばゴールへのチャンスは限りなく広がります。 中級者の方がもっとうまくパスができるようになりたいと思うのも当然ですね。 ここでは中級者に向けたパス上達のコツをご紹介します。

パスの持つ効力

パスは一瞬のうちにボールを長距離移動させるプレーです。極端にいえば、味方のリング下から相手のリング下まで1つのパスでつなぐこともできるのです。 攻めあぐねているときの攻撃サイドの移動や、ディフェンスからオフェンスへの切り替え時の速攻なども、パスなしには考えられません。また、短いパスをつなげばディフェンスの目先を変えることもできます。鉄壁の守りと思われるディフェンスでも、足元や頭の上にはパスの通る隙間があるものです。
このように、パスを上手に利用すれば、ゴールへの可能性が大きく開かれます。

動きを先取りしたパスを心がける

パスの基本練習は、練習相手も自分も止まった状態で行います。手の使い方や腰の入れ方などの基本動作を覚えるためには有効な方法ですが、試合中は止まったままのパスはまずありません。受ける側も出す側も動きの中でボールのやり取りを行います。したがって、パスを出す側は、受ける側の動きを見越したうえでボールを投げる必要があるのです。
チームメートとして長い時間練習をしていれば、やがて息も合ってきますが、少しだけ動きの先を見たパスを意識すれば、上達の程度も違ってきます。

おすすめの記事