「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケ、ドリブルの基本と上達のコツ

2017 2/9 09:26
バスケ ドリブル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by PKpix/ Shutterstock, Inc.

バスケットボールの試合中、自由にボールを扱って相手ディフェンスをかわしていくドリブルは、鮮やかで見ていて気持ちいいですよね。 うまくなりたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 ここでは、バスケ中級者向けにドリブル上達のコツをご紹介します。

試合中でのドリブルの活躍場面

バスケットボールでボールを移動させる方法は、パスでつなぐかドリブルで運ぶかの2種類しかありません。移動スピードはボールを投げるパスの方が有利ですが、一度手を離れたボールはコントロールができないリスクもあります。
その点、ドリブルは方向やスピードのコントロールも自由で、相手をかわしながら、決定的なチャンスを作ることも可能です。また、パスやシュートの前に一度だけドリブルを入れて体を移動させると相手のマークを外し、窮屈なプレーを避けることもできるのです。

手のひらに吸いつく感覚をつかむ

それでは、ドリブルがうまくなるにはどうすればいいのでしょう。もちろん、練習を積み重ねるのですが、むやみに時間をかけても意味がありません。まず、基本をしっかり身につけておくことです。 バスケのドリブルは手の平ではじくのではなく、押しつける感覚で床に強く弾ませ、ボールの返りに合わせて手のひらを少し引きながら受け止めます。
手首のスナップのみに頼るのではなく、腕全体を使って上下動させてください。そうすることで、ボールと手が離れる時間が短くなり、手のひらに吸いつく感覚がわかってきます。

ボールは見ないで顔は上げる

ドリブル中はボールを見てはいけません。顔は上げて、前方を見ながらドリブルします。ドリブルしながら敵味方の動きが把握できないと、試合に出ることも難しくなります。初心者の頃からボールを見ながらドリブルする癖がついている方は、直すようにしてくださいね。
また、足の動きと手の動きを連動させてはいけません。足の動きと関係なく、手が動くようにしてください。大きく1回ドリブルをする間に2~3歩動いたり、1ステップの間に早いドリブルを数回行う練習が効果的です。

実践的なクロスオーバー

ドリブルの基本がマスターできれば、いよいよ実践向け練習に入ります。ディフェンスを振り切ってシュートまで持っていきたいと思っても、スピードだけでは簡単に振り切ることはできません。そこで、右手でドリブルしているときに、右手ドリブルから左手ドリブルに切り替えるのがクロスオーバーです。
もちろん、単に切り替えるだけでは効果的ではありません。右に行くと見せかけて、ディフェンスが右を意識した瞬間に左にボールを移し、左サイドから抜き去ります。フェイントとドリブルの合わせ技ですね。

少し高度な実践技、レッグスルー

クロスオーバーの一種ですが、体の正面ではなく自分の股の間を通して右手ドリブルから左手ドリブルに、またはその逆に持ちかえる方法です。少し難しい高等技術になりますが、この方法が身に付けば、ディフェンスとの間に距離がなくてもクロスオーバーができます。自分の脚や体がボールをガードしてくれるのでカットされにくく、難なくディフェンスを振り切ることができるのです。
最初はドリブルではなく右手から手渡しで左手に股の間を通して渡し、感覚をつかむところから始めてください。それからドリブルで股の間を通せば、覚えもスムーズです。

まとめ

ドリブルの基本から実践的な技まで紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 基本ができていれば、高度な技もどんどん自分のものにできます。クロスオーバーの方法にもまだまだ応用技がたくさんあります。 ひとつひとつ練習を重ねて、自分のものにしてください。

関連記事

おすすめの記事