「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケ初心者の方へ!シュート上達の方法を教えます

2017 2/9 09:26
バスケ シュート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dotshock/ Shutterstock, Inc.

バスケットボールを始めたばかりの方は、早くシュートがうまくなりたいと思う毎日ではないでしょうか。 ここでは初心者の方向けに、基本的なシュートの種類と上達のポイントについてご説明します。

基本中の基本、ドリブルシュート

ドリブルでボールを運び、タイミングよく踏み切ってシュートします。基本的にバックボードを使い、直接リングは狙いません。バックボードには45度でボールを当ててやると入りやすくなります。
ドリブルシュートではドリブルを止める位置が大切です。自分の歩幅をよく認識しておいて、どこでドリブルを止めてシュートの体勢を作るか決めておきます。そうしないとシュートのたびにリングまでの距離が違い、フォームはバラバラになり、入る確率が低くなります。いつも同じ距離で踏み切ることができるようになれば、精度はぐんと上がりますよ。

ボールの勢いを殺して、ランニングシュート

味方からパスをもらってそのまま踏み切りシュートまでもっていきます。ドリブルシュートと違うのは、パスをもらう位置が一定ではないので、自分に合わせた距離での踏み切りができないことです。さらに、走りながらパスをもらってシュートに踏み切るので、前方向の勢いがそのままボールに伝わってしまう恐れがあります。
リングまでの距離の見極めと、ボールの前方向への勢いを少なくするためには、ジャンプした体が最高点に達するまでシュートを打たないことです。そうすることで、リングまでの距離に合ったボールコントロールが可能になります。

おすすめの記事