「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

八村塁を指名したワシントン・ウィザーズとは 日本人初NBAドラフト1巡目指名

2019 6/21 15:00
NBAドラフト会議でウィザーズに1巡目指名された八村塁Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

本拠地は首都ワシントンD.C

2019年6月20日(日本時間21日)のNBAドラフト会議でワシントン・ウィザーズが1巡目で日本代表の八村塁(ゴンザガ大)を指名。NBAで初めて日本人選手を1巡目で指名したチームとなった。ここでは、ウィザーズの沿革や戦歴、現役注目選手について紹介したいと思う。

バスケットボールファンで、マイケル・ジョーダン氏を知らない方はいないと思う。そのマイケル・ジョーダン氏が最後にプレーしたチームがワシントン・ウィザーズだ。 ワシントン・ウィザーズはNBAイースタン・カンファレンスのサウスイースト・ディビジョンに属すチームで、本拠地はワシントンD.C、ホームアリーナはキャピタル・ワン・アリーナ(旧名称ベライゾン・センター)にある。創設は1961年、シカゴ・パッカーズの名称で誕生した。その後、ボルティモア、ワシントンD.Cと本拠地を変え、チーム名もボルティモア・ブレッツ、ワシントン・ブレッツと変わる。
ブレッツは弾丸の意味だが、折からの銃社会批判の中イメージダウンを嫌い、ウィザーズ(魔法使い)に変更した。こうして、1997年ワシントン・ウィザーズとして出発、現在に至る。

マイケル・ジョーダン選手と戦歴

ワシントン・ウィザーズとチーム名を変えた直後から低迷期が訪れる。1998-99シーズン18勝32敗(ロックアウトで50試合)、1999-00シーズン29勝53敗、2000-01シーズン19勝63敗だった。2000年マイケル・ジョーダン選手が共同オーナーとして就任、プレイングマネージャーとしてチームの強化に務めるが、再建には至らなかった。
創設からの戦歴はワシントン・ブレッツ時代の優勝1回を含め、ファイナル進出が計4回、ディビジョン優勝が計8回ある。最近では2013-14から2017-18の5シーズンで4度プレーオフに進出し、そのうちの3度はカンファレンス準決勝まで進出した。2018-19シーズンは主力のジョン・ウォールの離脱などもあり低迷、32勝50敗で地区4位に終わった。

おすすめの記事