「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【王道バスケマンガ】スラムダンクのキャラクターのモデルはあの選手!

2017 1/18 10:02
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Brocreative / Shutterstock, Inc.

あの人気バスケマンガ「スラムダンク」の登場キャラクターにモデルがいたってご存知でしたか?作者がハッキリと公言したわけではありませんが、ネットなどではあるNBAの選手がモデルなのではないかという噂があるのです。今回はその噂の真相に迫ってみたいと思います。

湘北のエース 流川楓…マイケル・ジョーダン!

まずは主人公の桜木花道…ではなく、桜木のチームメイトでありライバル的存在でもある流川楓のモデルから紹介しましょう。というのも流川のモデルは、言わずと知れたNBAの名プレーヤー、マイケル・ジョーダン選手だといわれているからです。
スモールフォワードのポジションはもちろんのこと、左ひじにつけているリストバンドの位置、物語の序盤でつけていた背番号23、シュート時のフォームや試合の流れを変えるプレーを連発する姿など、もはや似ていないところを見つける方が難しいくらいにそっくりなのです。

主人公 桜木花道…デニス・ロッドマン?

さて、では主人公の桜木花道のモデルを紹介しましょう。桜木のモデルは、ネット上ではデニス・ロッドマン選手なのではないかといわれていました。並外れたリバウンド能力に加え、あの奇抜な赤い髪の毛、プレースタイルも見た目もそっくりなのです。
しかし実はロッドマンは桜木のモデルとしてはあり得ないという話もあります。というのも、もともとロッドマン選手は高い守備力が評価されていた選手。彼のリバウンド能力が注目され始めたのは92年からなのです(92年に初めてリバウンド王に輝いた)。
そして髪を赤く染め始めたのはさらにそれ以降。スラムダンクの連載開始は90年からなので、当時のロッドマン選手がモデルになったというのはあり得ないのです。フォームなどを参考にしたくらいならあり得る話ですが、少なくともキャラの構想時点ではモデルにはなっていなかったでしょう。

おすすめの記事