「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NBA歴代屈指の3ポイントシューター レイ・アレン選手の功績

2017 1/18 19:02
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.nba.co.jp

NBAで歴代屈指の3ポイントシューターと呼ばれていたのがレイ・アレン氏だ。歴代屈指と評されるプレイとはどのようなものだったのだろうか。 レイ・アレン氏のプレイスタイルやNBAでの功績などを紹介する。

3ポイントシューターとしての記録

レイ・アレン氏の現役時代のポジションは、シューティングガードだった。アウトサイドから長距離のシュートで射貫く役割のポジションだが「3ポイントシュートの通算成功数歴代1位」という記録を持っており、「NBA歴代屈指の3ポイントシューター」と言われる。また2005-06シーズンに達成したシーズン269本の3ポイントシュートの成功数は、2012-13シーズンにステフィン・カリーに破られるまではシーズン最多記録だった。

異常な速さで放たれるシュートでブロックが困難だった

レイ・アレン氏が歴代屈指の3ポイントシューターとなった要因として、プレイスタイルがある。シュートフォームやシューティングスキルは正確無比で乱れない、狂わない精密機械のような芸術的なものだった。またパスを受けてからシュートリリースまでの一連の動作が異常とも言える速さで行われる為、マッチアップしている相手がサイズで上回っていたとしても、そのスピードについて行く事が出来ず、シュートブロックする事が極めて難しかったようだ。

おすすめの記事