「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

爆発的なスコアラー NBAトレイシー・マグレディ選手の功績

2017 1/18 19:02
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://sports.ltn.com.tw

高いスキルを武器に高い得点能力を誇ったトレイシー・マグレディ氏。 高校時代から才能を高く評価されてきたが、現役時代はどのようなプレイぶりだったのだろうか。 マグレディ氏が、NBAで残した功績やプレイスタイルまた引退後のエピソードなどを紹介する。

活躍ぶりが目立った高校時代

トレイシー・マグレディ氏の現役時代のポジションは、シューティングガード、もしくはスモールフォワードだった。普通の時の顔つきが常に眠そうに見えたことから「スリーピー・マグレディ」という愛称で親しまれていた。
ノースカロライナ州のマウントジオン・クリスチャン・アカデミー高校時代には、同州やUSAトゥデイ紙が選ぶ年間最優秀選手賞に選ばれるなど目覚ましい活躍ぶりだった。高校在学中はバスケットの名門のケンタッキー大学へ進学したい意向を持っていたとされる。

入団当初はなかなか目立った活躍は出来ず

高校時代の活躍ぶりはNBAのスカウトの目に留まる事となり、進学する事を止めて、1997年のドラフトで1巡目の9位でトロント・ラプターズより指名を受け、NBA入りすることとなる。入団当初は目立った活躍を残す事は出来なかったが、3シーズンもするとマグレディ氏の才能に注目が集まる事となる。
この時チームメイトだったビンス・カーター選手とは従兄の関係でもあったが、「これは素晴らしいコンビ」になるとその将来には当時のファンも期待に胸を膨らませていた。

おすすめの記事