「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

規格外のパワー NBAシャキール・オニール選手の功績

2017 1/18 19:02
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Karen Struthers / Shutterstock

NBAで数々の記録を持っているシャキール・オニール氏だが 現役時代はどのようなプレイスタイルだったのだろうか。 現役時代のオニール氏のその驚くべきのプレイの数々やエピソード、NBAにおける功績などを紹介する。

超ビッグサイズの体格でペイントエリアを制する

シャキール・オニール氏は、その巨体を以ってペイントエリアを制し続けてきた。現役時代の体格は、身長216cm体重156kgと「超」がつくほど雄大な体格をしており、バスケットシューズのサイズに至っては、なんと驚愕の41cmもあった。そんな巨体にも関わらず、俊敏さも相応に備えており、運動能力が非常に高くペイントエリアでは唯一無二とも言える存在感を放っていた。そして最も相手から恐れられていたのはそのパワーだった。

バスケットホールをも粉砕する破格のパワー

オニール氏のその破格のパワーは、バスケットのゴールをダンクシュートで2度も破壊した。1度目は、リングをもぎ取りボードが粉々になったというパフォーマンスで、テレビのスポーツ珍プレー集番組でも放送された驚くべきシーンだ。因みに両試合ともテレビで全米中継されていて、多くのバスケットファンが目撃したであろう、オニール氏のパワーを物語る有名なエピソードだ。
また、これが原因で現在のボードとリングの接合部は、過重を吸収するショックアブソーバー機能を持たせたバネ結合に改良されている。

おすすめの記事