「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NBA史上最も身長の低い得点王 アレン・アイバーソンの功績

2017 1/18 19:02
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by miqu77 / Shutterstock

アレン・アイバーソン氏と言えばバスケットボールの選手としては小柄な選手だった。それでも得点王など様々なタイトルを獲得する活躍を見せてくれたアイバーソン氏。どのようなところが優れていたのだろうか。 アイバーソン氏のプレイスタイルやNBAでの功績、エピソードなどを紹介する。

高校時代はアメフトとバスケットの二刀流

現役時代のアイバーソン氏は、類稀なクイックネスを誇る選手だった。高校時代のアイバーソン氏は、バスケットボールとアメリカンフットボールの2種目でバージニア州のスタープレーヤーとして名を馳せた。アメリカンフットボールでは、高校2年時には、シーズンのタッチダウンは34回を数え、チームを州チャンピオンに導く。
その後、バスケットボールに専念すると、バスケットボールでもチャンピオンに輝く。全米のビッグスポーツであるアメフトとバスケットで活躍していた事から彼の身体能力がいかに高かったというのが分かるエピソードになっている。

NBA史上最も身長の低いドラフト1位選手

高校時代の活躍により、ケンタッキー大学など名門大学からの勧誘も引く手あまただったが、トラブルに巻き込まれるなどの紆余曲折を経て、ジョージタウン大学に入る。家が貧しく、妹も病気がちだった事もあり、家計を助ける為に2年を終えた時点でのNBA入りを表明。すると、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに全体の1位で指名される。
この時は、「史上最も身長が低いドラフト1位の選手」と話題になる。そして1996-97シーズン、新人ながらリーグ6位の1試合平均23.5得点、同11位の7.5アシストなどの好成績で新人王を獲得する活躍ぶりだった。

おすすめの記事