「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NBA史上最高のパワーフォワード ティム・ダンカンの功績

2017 1/18 19:02
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.nba.co.jp

サンアントニオ・スパーズで5度のNBAファイナル制覇を成し遂げたティム・ダンカン氏だが、チームではどのような貢献を見せ、この功績をあげたのだろう。 ダンカン氏のプレイスタイルやバスケットを始めたきっかけなどを紹介する。

サンアントニオ・スパーズ一筋19年

ティム・ダンカン氏は、19年間に及ぶ現役生活をサンアントニオ・スパーズ一筋で過ごしてきた。接触プレイや体を張ったプレイが求められる「パワーフォワード」というポジションでありながら、チームの大黒柱であるダンカン氏の長期欠場が極めて少なかった事も知られている。
ダンカン氏入団後のスパーズは、ダンカン氏入団後となる1997-98シーズン以降、全てのシーズンにおいて勝率6割以上を記録している強豪チームとなりこれはNBA全30チームの中でも唯一のチームとなっている。

バスケとの出会いは遅かった

ダンカン氏の現役時代の実績は素晴らしく、NBAファイナルを5度も制覇している。またシーズンMVPを2度、ファイナルMVP受賞も3度も数える。プレイ自体に華やかさはないものの基本に忠実なプレイスタイルとその圧倒的な実績で「史上最高のパワーフォワード」との呼び声もある。
またオールNBAチームには通算15回選出されており、これは史上最多タイの選出回数だ。そんな輝かしい実績を誇るダンカン氏だが、幼少のころに嗜んでいたスポーツは意外にも水泳だった。

おすすめの記事