「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NBA史上最高の正統派PG!ジョン・ストックトン選手の功績

2017 1/18 19:02
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.nba.co.jp/nba

ジョン・ストックトン選手は、1996年、NBA50周年の際に「50人の偉大な選手」に選ばれた名プレイヤーだ。特にアシストとスティールに関しては、今なお破られていないNBA史上最多記録を残したことでも知られている。そんなジョン・ストックトン選手の経歴や功績をまとめた。

ジョン・ストックトン選手のプロ入り前のキャリア

1962年にアメリカ・ワシントン州に生まれたジョン・ストックトン選手は、幼少期からバスケットボールの練習に励み、特に練習熱心な少年であったことが知られている。
大柄な体格というわけでもなく、特別に身体能力に優れた選手ではなかった。しかし、地元ゴンザガ大学でバスケットボールをプレイしていた時には、高いアシスト能力と得点能力で、無名の選手でありながら、一部では実力を認められていた。本人はこのころはまだNBA選手になれるとは思っていなかった。

NBAにおける経歴

1984年のドラフトで1巡目の指名をユタ・ジャズから受けたことで、ジョン・ストックトン選手のNBA選手としてのキャリアがスタートした。当時は、あまりにも無名の選手だったために、周囲はもちろん、ジョン・ストックトン選手自身もこの指名には大変驚いたようだ。
しかし、その後19年間に渡りユタ・ジャズにおけるPG(ポイントガード)を務め、引退後には彼が着ていたユニフォームの12番は、同チームで永久欠番になり、バスケットボール殿堂入りも果たしている。

おすすめの記事