「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NBA史上最高のポイントガードの1人!ゲイリー・ペイトンの功績まとめ

2017 1/18 19:02
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by www.selection-j.com

ゲイリー・ペイトン選手は、NBAシアトル・スーパーソニックスで現役時代の大半を過ごした選手だ。優れたバスケットセンスを有しており、PG(ポイントガード)としてのスキルを全般的に高度なレベルで備えていた。そんなゲイリー・ペイトン選手の生い立ちや功績をまとめた。

ゲイリー・ペイトン選手の生い立ち

ゲイリー・ペイトン選手は、1968年にアメリカのカリフォルニア州に生まれた。 幼少期からバスケットボールに夢中になり、高校生だった時には、学業に集中できないからという理由で、プレイを禁止されることもあった。 大学では、奨学金を得ながらバスケットボールを続け、4年生の時には、大学における最優秀選手にも選ばれている。
後に、NBAで戦うことになるジェイソン・キッド選手とは高校進学前にすでに近所のプレイグラウンドで対戦していることでも有名だ。

NBA選手としての経歴

1990年にシアトル・スーパーソニックスでNBA選手としてのキャリアをスタートさせたペイトン選手は、1年目のルーキーイヤーから先発を務め、好成績を残した。 同チームで、10年以上プレイを続けた後、2002?2003年のシーズン途中で、ミルウォーキー・バックスに移籍。およそ3か月プレイするが、翌シーズンにはロサンゼルス・レイカーズに移籍している。その後は、ボストン・セルティックスとマイアミ・ヒートを渡り歩き、2008年に現役引退を表明した。

おすすめの記事