「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NBAの伝説的人物!ウィルト・チェンバレン選手の功績まとめ

2017 1/10 23:42
NBA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィルト・チェンバレン選手は、現役時代に4度のシーズンMVPに輝くなど様々な功績を残している。その記録の中には、今なお破られていないものも多く、史上最高のバスケットボールプレイヤーとして伝説的な存在になっている。そんなウィルト・チェンバレン選手の生い立ちや功績を紹介する。

ウィルト・チェンバレン選手の生い立ち

チェンバレン選手は、1936年にアメリカ・フィラデルフィアに生まれた。幼少期、病弱な少年だった彼は、陸上競技に興味を持ち、優秀な成績を残している。また、周囲の影響でバスケットボールを始めると、10歳の時にはすでに身長183cmという恵まれた体格を活かして活躍した。
肺炎で生死を彷徨ったことや、吃音症などが影響して幼少期は内向的な性格であったと言われている。しかし、その後、バスケットボールプレイヤーとして頭角を現し始めると同時に、後に言われる自信家の一面が形成されていった。

ウィルト・チェンバレン選手の学生時代の活躍

高校時代から、エースとしてチームを引っ張っていたチェンバレン選手。1試合で70得点以上獲得するなど、高校生の中では敵がいない状態だった。当時からすでに、スカウトの注目を集めており、高校を卒業する時には、数多くの大学が彼を勧誘しようとした。
チェンバレン選手が選んだ進路は、カンザス大学だったが、そこでも彼を止めることのできる選手はおらず、1年生の時から上級生を圧倒す。ここでも好成績を残したが、大学3年目が終わる頃には熱意を失い、大学を中退。そのままNBA入りを目指した。

おすすめの記事