「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケのポジション・シューティングガードはポイントゲッター

2017 1/10 23:42
バスケ,ポジション,シューティングガード
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://vokka.jp

バスケットボールには2つのガードポジションがある。ポイントガードは1番で呼ばれるのに対し、シューティングガードはポジションを番号で呼ぶ時には2番だ。シューティングガードの概要や役割についてみていこう。

3ポイントシュートを決めることが大きな役割

シューティングガードは、ポジション名にガードという言葉が入っているが、シュートをして得点するという意味を示している。そして、シューティングガードにとって最も重要なのがゴールから離れた位置からの3ポイントシュートを決めるということだ。もちろん、ゴールの付近まで切り込んでのシュートやミドルシュートを打つことも必要だが、3ポイントシュートを決めることは相手に対して大きなダメージを与えることになる。

シューティングガードの活躍でチームに勢いが付く

シューティングガードが1試合に何回3ポイントを打って成功するかで、勝敗が左右されるといっても過言ではない。3ポイントシュートは見た目も派手で観客にもインパクトを与えるので、成功すればチームに勢いが付く。一般的にシューティングガードは外角からのロングシュートを得意にする選手が多いのだが、ドリブルで相手を揺さぶってからミドルシュートを打つ選手もいるので、必ずしもロングシューターとは決めつけられない。

シューティングガードに多い背番号は6番

バスケットボールの背番号は4番からはじまるが、4番がキャプテン、5番が副キャプテンという場合が通常だ。そして、6番のゼッケンを背負うプレーヤーにシューティングガードが多いようだ。1番ポイントを稼ぐエースナンバーが7番とされているが、6番のシューティングガードはエースに負けない得点力が期待されている。スペースを見つけながら動き回りボールを受けてドルブル無しにクイックで打つ能力も求められる。

プレーの積極性と40分フルに出場できる体力が求められる

3ポイントシュートを決めることが求められるシューティングガードには、まず積極性が必要だ。だから、失敗を恐れず前向きにシュートを打てるような思い切りの良い性格が向いている。
また、シューティングガードはオフェンスの要でもあるので試合にフルで出場できる体力も求められる。バスケットボールは各クオーターの間に休憩があるが、直ぐに次のクオーターでも活躍可能な体力が回復できるようにしておくことだ。毎日の練習で筋力を付ける努力を惜しまないことだ。

バスケットの神様、マイケル・ジョーダン選手が代表的プレーヤー

シューティングガードの名選手といえばマイケル・ジョーダン選手だ。NBAのシカゴ・ブルズやワシントン・ウイザーズでプレーしたバスケットボールの神様と称される大選手だ。15年間のプロバスケットボール選手生活で得点王10回、年間最多得点11回。平均得点は30.12でNBA歴代1位だ。
神業とも言われた豪快なダンクシュートも持ち味で、1990年代のシカゴ・ブルズを6度の優勝に導いた立役者だった。数々の記録を打ち立て、2009年にバスケットボールの殿堂入りしている。

まとめ

バスケットボールの試合においてオフェンスの要でもあるポジションのシューティングガードについて説明した。3ポイントシュートはバスケットの花であり、シューティングガードは決定力が求められるポジションだ。

関連記事

おすすめの記事