「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケのポジション・シューティングガードはポイントゲッター

2017 1/10 23:42
バスケ,ポジション,シューティングガード
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://vokka.jp

バスケットボールには2つのガードポジションがある。ポイントガードは1番で呼ばれるのに対し、シューティングガードはポジションを番号で呼ぶ時には2番だ。シューティングガードの概要や役割についてみていこう。

3ポイントシュートを決めることが大きな役割

シューティングガードは、ポジション名にガードという言葉が入っているが、シュートをして得点するという意味を示している。そして、シューティングガードにとって最も重要なのがゴールから離れた位置からの3ポイントシュートを決めるということだ。もちろん、ゴールの付近まで切り込んでのシュートやミドルシュートを打つことも必要だが、3ポイントシュートを決めることは相手に対して大きなダメージを与えることになる。

シューティングガードの活躍でチームに勢いが付く

シューティングガードが1試合に何回3ポイントを打って成功するかで、勝敗が左右されるといっても過言ではない。3ポイントシュートは見た目も派手で観客にもインパクトを与えるので、成功すればチームに勢いが付く。一般的にシューティングガードは外角からのロングシュートを得意にする選手が多いのだが、ドリブルで相手を揺さぶってからミドルシュートを打つ選手もいるので、必ずしもロングシューターとは決めつけられない。

おすすめの記事