「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【バスケ】総合力が問われるポジション・スモールフォワード

2017 1/10 23:42
NBA
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.shikoku-np.co.jp/

得点力に守備力、運動能力にスキルと、バスケットボールにおけるスモールフォワードは実に多彩な能力が求められるポジションだ。スモールフォワードについて、その概要や特徴、適性などをNBA選手を例にお伝えする。

全ての能力を兼ね備えるスモールフォワードの概要

スモールフォワード(SF)は、パワーフォワード(PF)と同じ「フォワード」に分類される。ポジションの番号では3番と呼ばれる。攻撃力、さらには得点力が求められることからフォワードの扱いとなっているが、プレーエリアではPFがインサイドなのに対しSFはアウトサイドと役割に違いがある。その意味でSFはシューティングガード(SG)にも似たポジションといえる。スピードと守備力、確かなハンドリングや3ptシュートなどSGが必要とする能力を踏襲しながら、ゴール下へドライブして得点を決める力も持ち合わせているのがSFだ。
つまりバスケットボールにおけるほぼ全ての能力を高いレベルで兼ね備えるのがSFであり、チームのエース的存在となっている。

NBAでも役者揃いのSF。チームのエースを名乗るための条件

「2番寄りの3番」とか「4番に近い3番」などと評されるように、SFは複数のポジションをこなせるだけの高い総合力が求められる。実際、多くのSFが必要に応じてSGを兼任できるだけの能力を持ち合わせている。相手の特徴やチーム戦術などによっても攻撃に比重を置くケースや守備的に振る舞うケース、マルチに対応するケースと様々な役割を担う。
SFとして総合力を発揮するには、身体能力や技術もさることながら高いバスケットIQがなければならない。コートで起きている状況を素早く察知し、瞬時にパフォーマンスへと移行させるには、戦況を俯瞰するような頭脳と判断力が不可欠だからだ。
史上最高のSFとも呼ばれるスコッティ・ピッペン氏が選手時代に見せてきたユーティリティー性とクレバーなバスケットセンス、戦術理解力がこのポジションにおける理想の1つではないだろうか。

おすすめの記事