「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【バスケットボール】ポジション解説「センター」とは

2017 1/10 23:42
NBA
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by A.RICARDO/Shutterstock

バスケットボールでは、ゴールに最も近い位置でプレーするセンターがチームの勝敗に直結するポジションと言われている。この記事ではNBAプレーヤーを例に、センターのポジション的役割や適性のある選手の特徴、歴史的背景などをお伝えする。

ポジションの構図から見るセンターの概要

バスケットボールのポジションは大別すると、「ガード」「フォワード」「センター」の3つがある。戦術などにもよるが、試合では大抵の場合、ガードとフォワードに2人ずつ、そしてセンターが1人という構成だ。
また、コート上の主なプレーエリアを指して「インサイド」と「アウトサイド」という呼び方があるが、フリースローレーンが主戦場となるセンターは、インサイドのポジションだ。
5人のプレーヤーで最もゴールに近い位置取りとなるため、センターはゼッケンナンバーでの呼び方が「5番」となっている。

得点源であり守備の要。センターがチームの屋台骨である理由

センターは主戦場がゴール付近であることから、攻撃時はフィニッシャーとして機能する。ゴール下でのパワーとテクニックを駆使したシュート、高さを生かしたリバウンド、そして味方を生かすポストプレーも不可欠だ。チームの得点源として大きな活躍が期待されている。
それと同時に守備面での貢献も必要だ。ディフェンス時もゴール付近にポジションをとるセンターは、相手選手のシュートを豪快にはじくブロックショットやリバウンドで、際立った活躍が求められる。また味方の守備位置やマークを指示するコーチングも欠かせない。
攻守に渡って最後の砦となるセンターは、文字通りチームの屋台骨となっている。

おすすめの記事