「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケのポジション、パワーフォワードとは?

2017 1/10 23:42
バスケットボール パワーフォーワード
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavel Shchegolev/Shutterstock

バスケットボールの背番号4が基本的にはパワーフォワードと呼ばれるポジションの選手だ。 漫画スラムダンクでは、漫画に登場する「赤木」や「魚住」といった大柄でパワーのある選手のポジションとして描かれていた。 パワーフォワードについて説明する。

どんなタイプの選手が向いているのか

基本的には大柄な選手が配置されるポジションだ。少なくともスモールフォワードよりは大柄な選手が適している。
スラムダンクのキャラクターでいえば、「赤木」や「魚住」といったシュートよりもリバウンド、ディフェンスが得意な大柄な選手というのが代表的なイメージのポジション。
もっとも、最近ではNBAで活躍するケビン・ガーネットのように抜群の総力を併せ持つ選手がいる一方、基本に忠実なタイプも併存しており、バスケットボールで最も進化したポジションともいわれる。

パワーフォワードの仕事

上記したようにNBAにおいて、パワーフォワードの役割・仕事は多様化していきいるが、基本的には、ゴール下の番人、というのが昔も今も変わらないパワーフォーワードの仕事になる。
すなわち、ディフェンス時には、ゴール下でのシュートブロックやリバウンド、オフェンス時にはオフェンスリバウンドやダンクシュートといったものが要求される。
そのため、激しい身体接触を厭わない精神力も要求されることになる。

おすすめの記事