「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケットボールの審判を務める5つのコツ

2017 1/10 14:42
バスケットボール 審判
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Nadir Keklik/Shutterstock

素早く、激しいプレーが続くバスケットボールは審判を務めるのが特に難しいスポーツの1つ。しかし審判を務める事で、バスケットボールを普段のプレーヤーとしてとは違った視点で見る事ができ、実際のプレーにも役立つ。バスケットボールの審判を務めるコツを紹介する。

正しいルールを把握しよう

審判を務める上で最も大切な事は正しいルールを把握することだ。
それは審判だけでなくプレーヤーとしても本来は最も大切なことなのだが、頻繁にルールが変更・改正されることもあって実際は正しいルールを把握出来ていないプレーヤーが多い。審判を務める際には改めてルールを確認しよう。
正しいルールを把握すると、ルールを自分達にとって有利に活用することができるようになり、審判としてだけでなくプレーヤーとしても役立つのだ。

審判四原則

審判は正確なジャッジができるように、オールウェイズムービング、ボクシング・イン、スペースウォッチング、ペネトレーション、という4つの原則に従って務めるようにしよう。

オールウェイズムービングとは審判は制約なく動き回れるということ。
ボクシング・インとは両チーム10人のプレーヤーを常に2人の審判の視野に入れておくこと。
スペースウォッチングとはプレーヤー間のスペースを見ておくこと。
ペネトレーションとは時にはプレーヤーに近づくこと。

ジャッジを下すためにはプレーをしっかりと確認できるポジションに移動することが重要だ。

おすすめの記事